//
#12 エレアコ p.19

目次に戻る 前のページへ 次のページへ

12_EleAco_1_374 わずかにボディが湾曲しているので、ボディの形に合うようにブリッジの接着面を削ります。平面にかなり近い湾曲なので、力の入れ方が悪いと、なかなか接着面ができません。けっこう時間がかかりました。膠を使って接着するときに、ブリッジがボディに吸い付くように、ブリッジの接着面は中央を僅かに窪ませておきます。ほんの僅かにです。
 12_EleAco_1_375 適正な弦長になる位置にブリッジを置いて位置決めし、マスキングテープを切り抜いて接着面を露出させます。
 12_EleAco_1_376 鑿やカッターナイフで接着面の塗装を剥がします。
 12_EleAco_1_377 膠を湯煎している間に接着の準備。一度クランプ掛けの練習をしておきます。接着面が綺麗にできていれば、ブリッジを強く押さえる必要はないので、カムクランプで優しく圧着します。
 12_EleAco_1_378 湯煎している間にサドルの成形。一旦、指板と同じ16インチRに削ってから、各弦の接点を決めました。(Ovationとスケールが同じなので参考にしました)
 12_EleAco_1_379 ブリッジをドライヤーで温めて膠の硬化を遅らせるようにし、膠を塗布してボディに置いて、急いでクランプを掛ける。膠を塗布してからクランプ掛けを終えるまで10秒くらい。いつも緊張します。このまま一日置いて膠が乾いたら、弦を張り、フレット、ナット、サドルを調整します。(2013/04/23記)
 12_EleAco_1_380 一日経過。接着が終わりました。
 12_EleAco_1_381 ブリッジピンの穴を開けます。4.5mmだとちょっとキツかったので5mmです。
 12_EleAco_1_383 弦が張れて、ハーモニクス音を出してチューニング。なかなかいい音が出ています。ボディが小さいのでそれなりですが。
 12_EleAco_1_384  オクターブも合っています。
 12_EleAco_1_385 ところがこれですよ。弦高が低過ぎます。12フレットで1mmちょっとしかありません。サドルの高さがギリギリかなと思っていましたが、ギリギリどころか低過ぎました。急いでサドル材を発注しました。(2013/04/23記)
 12_EleAco_1_386 サドルが届くのを待っている間に、一応音は出るので、ピックアップを取り付けてしまいます。L.R. BaggsのiBEAM Active Systemというプリアンプとボリューム調整つまみのついた製品。
 12_EleAco_1_387 プリアンプを内蔵したエンドピン(英語だとSnap pinという言うのかな)を取り付けたところ。メンテナンスホールが手が入るギリギリの大きさなので、けっこう苦労しました。角に指を擦り付けたので何カ所が指の皮が剥けてしまった。
 12_EleAco_1_388 ピックアップはサドルの真裏辺りに取り付け。両面テープがついているので、定位置に置いて軽く押し付けるだけです。

ここも手が届きにくいので、けっこう苦労しました。

 12_EleAco_1_389  ボリューム調整つまみはサウンドホールからちょっと顔を出すように取り付けました。もっと見えないような取り付けようと思いましたが、操作のし易さを優先しました。黒いから遠目にはわかりませんね。
 12_EleAco_1_390 電池はメンテナンスホールの蓋に取り付けます。大きさ的にギリギリ。なんか、いろんなところがギリギリです。
 12_EleAco_1_391 サドルを作り直してみてから、もう一度やり直すつもりですが、ここで一旦フレットの擦り合わせ。指板がフレットを削った鉄粉で汚れないようにマスキングテープで保護しています。

なかなか満遍なくすべてのフレットを擦るのは難しいものです。

 12_EleAco_1_392  フレットの頭を専用のヤスリで削って丸めて・・・
 12_EleAco_1_393 目の細かいスポンジ状のヤスリで表面を滑らかにします。
 12_EleAco_1_394 サドルの下に2mmのアクリル板を挟んで応急処置をしましたが、まだフレットの擦り合わせが不十分なので、若干弦高が低いので、ビビり音が出るフレットがありますが、一応、普通に弾ける状態になりました。普通のアコギだと、弦長は650mmほどありますが、これは635mmなので弦の振動がそれほど強くありません。その分押さえ易いですが。

表板の面積が小さいので振動は少なく、ボディの容積が小さいので反響も少ないので、音量もフルサイズのアコギに比べれば小さいです。それなりの音量という感じ。

音はキラキラした感じです。低音弦の音が若干小さいけれど、音のバランスは悪くない。

もう少しフレット、サドル、ナットに調整の余地がありますが、なかなかいいギターになったと思います。小さくて弾き易いし、アンプを通した音はきれいです。

もうちょっとで完成。(2013/04/25記)

目次に戻る 前のページへ 次のページへ

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 561,980 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2017年7月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。