//
#14 PRS Type Hollow body p.14

目次に戻る 前のページへ

14_PRSCustom22_272 ナットが出来たのでネックに取り付けて弦を張れば一応の完成ですが、この後、時間をかけて調整します。(2013/08/14記)

完成!

14_PRSCustom22_274 14_PRSCustom22_275
14_PRSCustom22_276 14_PRSCustom22_277
14_PRSCustom22_278 14_PRSCustom22_279
14_PRSCustom22_280 14_PRSCustom22_281
14_PRSCustom22_282 14_PRSCustom22_283
これを書いている時点では調整が終わっていませんが、すぐに人手に渡ってしまうので、写真を載せて完成ということにします。今回は5号機の派生型で、少し硬めで伸びる音を狙って材料と構造を決めました。

仕様

  • ネックはハードメープルでパドゥクをサンドイッチしたもの。スケールは635mmでフレット数は22。幅はナット側で42mm、22フレットで57mm。差し込み角は4度。指板はエボニー。ナットはカーボン。フレットは幅高さともにミディアム。
  • ボディはアフリカンマホガニーのバックにハードメープルのトップ。モデルとなったPRS Custom 22よりもなだらかなアーチになっています。ボディの厚みは57mmほど。ホローボディですが、彫り込みが浅いので、ボディの厚みもあって軽いギターではありません。トップの裏側には倍音を増やすための細工をしましたが、わずかに体感できる程度です。
  • ペグはグローバー製。
  • ブリッジ、テールピースはゴトー製。
  • 1ボリューム、1トーン、3wayトグルスイッチ、ネック側ブリッジ側ともにタップスイッチ付き。コントロール類は全て日本製。キャパシターはセラミック。配線はベルデン。
  • ヘッドのマークとポジションマークは白蝶貝。
  • 塗装は目止めは砥の粉、着色はワシン製のボアステイン、トップコートはニトロセルロースラッカー。

目次に戻る 前のページへ

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 535,441 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2017年4月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。