//
#21 LesPaul p.08

目次に戻る 前のページへ 次のページへ

21_LesPaul_153 バックはトップより若干粗目のコンパウンドで磨いて仕上げます。
21_LesPaul_154 仕上がりました。
21_LesPaul_155 サイドもバックと同様に・・・
21_LesPaul_156 ボディはだいたい仕上がりました。ネックはヘッドの塗りをもう少しやってから仕上げます。(2014/11/20記)
21_LesPaul_158 気に入らないのでヘッドの漆を大方剥がしてやり直しします。
21_LesPaul_159 貼付けた貝はとても薄いものなので、貝を貼った部分を避けて研ぎました。その後に少しだけ稀釈した漆を刷毛塗りしました。(2014/11/25記)
21_LesPaul_160 ヘッドが仕上がってませんがやれることをやってしまいます。まずはテールピースとブリッジの取り付け。テールピースのアンカーにアース線を半田付けして埋め込みました。
21_LesPaul_162 ピックアップやコントロール類の取り付け。漆の仕上げは高級感があります。
21_LesPaul_163 出力ジャックの取り付け。薄いボディなのでジャックプレートがギリギリの大きさです。
21_LesPaul_164 配線が終了。主要な線はビンテージワイヤーを使いましたが、キャパシターはセラミックです。
21_LesPaul_165 音叉の音を拾ったりドライバーでピックアップを叩くなどして、スイッチ、ボリューム、トーンの機能を確認。ヘッドが仕上がれば一気に完成ですが、漆がなかなか乾かないのでまだ時間がかかりそうです。(2014/11/27記)
21_LesPaul_166 ヘッドの仕上げを急ぎたいです。急いでも漆の乾燥次第なので急げないですが。刷毛で薄塗りしました。
21_LesPaul_167  漆刷毛の手入れをしてこの日は作業終了です。刷毛についた漆をテレピン油でよく洗い種油を少量つけて保管します。(2014/11/28記)
21_LesPaul_168 ストラップピンの取り付け。
21_LesPaul_169 こちらも。漆が乾かないのでこの日はこれしかできませんでした。(2014/12/01記)
21_LesPaul_170 ヘッドの漆が乾いてきたのでオイル研ぎしました。なかなか綺麗な塗装面が得られません。
21_LesPaul_171 塗り重ねます。剥がして塗り直したい衝動に駆られます。(2014/12/08記)
21_LesPaul_172 停滞感が半端ではありません。ヘッドを研ぎました。なかなか綺麗な塗装面になりません。
21_LesPaul_173 乾きが悪いので揮発性の油で稀釈した漆を塗り重ねます。なかなか終わりが見えません。この記録も、同じ事の繰り返しばかりになりつつありますが、これも記録です。(2014/12/15記)
 21_LesPaul_174 気に入らなかったので漆を剥がしてやり直します。

目次に戻る 前のページへ 次のページへ

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 536,585 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2017年4月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。