//
#22 LesPaul Jr p.06

目次に戻る 前のページへ 次のページへ

22_LesPaulJr_109 5回目の拭き漆です。たんたんと塗り重ねます。(2014/10/15記)
22_LesPaulJr_110 研いで・・・
22_LesPaulJr_111 塗ります。これで6回目。まだまだ先は長いです。(2014/11/10記)
22_LesPaulJr_112 一つ前の写真から随分間が開いてしまいましたが、何もしなかったわけではありません。地道に塗り重ねています。(2014/11/25記)
22_LesPaulJr_113  表側が乾いたので裏側も塗ります。(2014/12/01記)
22_LesPaulJr_114 夏なら1日で乾燥した漆ですが5日かかっています。#1000の耐水ペーパーで水研ぎしました。 もう少しで塗装面がフラットになるかなという状態です。
22_LesPaulJr_117 漆10:テレピン油4くらいに稀釈したものをタンポで塗ります。
22_LesPaulJr_118 同じ材料から作ったティースプーンと並べてみました。仕上がりはこのスプーンのようになる筈です。(2014/12/08記)
22_LesPaulJr_119 研いで平面の出たボディに漆を塗り重ねていきます。当分この作業が続きます。(2014/12/15日)
22_LesPaulJr_120  前回の更新から一ヶ月以上も経ってしまいました。漆風呂に入れないと漆がなかなか乾きません。#1000で水研ぎして塗装面を平滑にします。
22_LesPaulJr_122 生漆(稀釈なし)を塗り付けて・・・
22_LesPaulJr_123 拭き取ります。他の製作の合間に、こうして少しずつでも進めなければ完成しません。(2015/01/20記)
22_LesPaulJr_124 表側に拭き漆。少し漆の粘度が高かったようで拭き取りに苦労しました。乾いたら研いでやり直す感じになりそうです。(2015/01/22記)
22_LesPaulJr_125 一度に全体を塗れないので、できるところから少しずつ塗ります。 漆はテレピン油で希釈しています。
22_LesPaulJr_126 前回はボディの表と側を塗りました。今回は裏を。
22_LesPaulJr_127 ネックも。 写真は漆を塗って5分ほど経ってからのものです。塗った直後に比べるとかなり色が濃くなっています。乾くと真っ黒になります。(2015/02/09記)
22_LesPaulJr_128 ボディの表側を研ぎました。 鏡面に近い状態まで平滑な面を得ました。下地が不均一なので漆の吸い込みが場所によって違います。下地の不均一さは、木の性質と下地処理のムラの両方が影響しています。こんな仕上がりも大胆な感じがしていいかもしれません。
22_LesPaulJr_129  ボディの裏側を研ぎました。 こちらも鏡面に近い状態まで平滑な面を得ました。側面とネックも同様に研いから、ヘッドに螺鈿を施し、そこから拭き漆をして仕上げに入ります。まだまだ時間がかかります。(2015/02/12記)
22_LesPaulJr_131 拭漆です。ネックはもう一回くらいやっておしまいでいいかもしれません。いい色になってきました。
22_LesPaulJr_132 この2本を早く終わらせたいです。(2015/02/16記)

目次に戻る 前のページへ 次のページへ

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 546,692 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2017年5月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。