//
#26 Acoustic p.04

目次に戻る 前のページへ 次のページへ

26_Acoustic_068  側板の表板が接着される面を平らにします。
26_Acoustic_069 ときどきまっすぐな物や平らな物を当てて確認します。
26_Acoustic_070 平らになったらカーフドライニングを接着。輪ゴムで挟む力を強めた洗濯バサミをクランプとして使っていますが、足りないのでクリップを併用。見た目が悪いので、できることなら全部同じものでやりたいところです。
26_Acoustic_071 半日ほど置いて接着が完了。構造物が出来上がってくる過程を見るのは楽しいです。
26_Acoustic_072 ライニングを接着している待ち時間にロゼットの飾りを作り始めました。
26_Acoustic_074 硬いけれど切りやすい貝です。糸のこの刃をよく折りますが。
26_Acoustic_076 こんな感じに切った貝を紙に並べて接着します。
26_Acoustic_077 最後にやることですが、ちょっとやってみました。貝に刃物で傷をつけて線を描きます。
26_Acoustic_078 線の中に黒漆を入れます。
26_Acoustic_080 椿の花と葉をすべて切って配置しました。花柱の部分をどうするかはこの時点では決めていません。
26_Acoustic_081 雪輪をイメージした円の部分に白蝶貝の部品を置いていきます。(2015/08/31記)
26_Acoustic_082  裏板側のライニングを接着。

写真を撮り忘れましたが、この作業をやる前に裏板が接着される面を鉋で作っています。

26_Acoustic_083 パーフリング材を輪の外側と内側に貼ります。
26_Acoustic_084 この日は時間がなくなったので途中で切り上げました。
26_Acoustic_085 ライニングの接着が終わりました。側板の割れ止めを貼れば側板に関しての作業はひとまず終わりです。(2015/09/01記)
26_Acoustic_086  側板の割れ止めの接着です。

厚さ2mm、幅12mmに加工したスプルース材をぴったりの長さに切って接着します。

26_Acoustic_087 割れ止めは左右3箇所ずつ、カッタウェイに1箇所。
26_Acoustic_088 サウンドホールの飾り作りの続きです。

これで貼るものはすべて貼りました。

26_Acoustic_089  割れ止めの接着が終わり、側板の加工は終了です。(2015/09/02記)
26_Acoustic_090  飾りができました。細かなところは少し修正が必要です。

目次に戻る 前のページへ 次のページへ

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 576,688 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2017年9月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。