//
#08 PRS Custom 22 Hollow Body p.02

目次に戻る 前のページへ 次のページへ

今日はPRS特有のホーン部分のエグれたところの形を作ってしまいます。そのためにボディ前端をネックの差し込み角に合わせて傾斜するように削ります。ネックの差し込み角は今回も4号機と同じ3度。あらかじめ3度にするにはボディのどの位置を削れば良いかを印をつけてわかるようにしてあります。
  ぴったり3度になったところで終了。
  ボディのくびれの部分もエグれたような形状になっています。ここはノコギリの替え刃で作ったスクレーパーで削っていきます。
  だいたいできました。ホーン部分のエグれた部分は写真の小刀で削りました。まだもう少し複雑な形状にするので、あと1日か2日はかかるでしょうか。今日はここまで。(2012/08/09記)
  今日はアーチをより最終型に近づけていきます。まず淵を水平にノミで削ります。使ったのは3分の平ノミです。
  ノミで削ってできた段差をカンナで落とします。
  ホーンの先端部分を丸ノミで削ってからスクレーパーでこの形まで削りました。4号機よりも全体に丸みのある形状にしてます。一旦、裏側を削ってから板厚を調整しながら仕上げていこうと思います。(2011/08/10 記)
  金曜日です。翌日は寝坊できるので少し頑張ります。コントロール類を取り付ける部分はこんな風に丸くエグれています。ここは丸ノミで彫ります。(本物よりも若干小さめ)
  サウンドホールは糸鋸で切り抜いてしまおうと思いましたが、彫刻刀とノミで深さ5ミリまで彫ってみました。この状態で裏側を削れば、この部分の板厚がだいたいわかります。
  まだ金曜日の夜です。ノミやカンナで裏側を凹に削ります。複雑な形状なので難しいです。
  そして土曜日。金曜日と合わせて15時間くらい削ってこの程度。まだまだ終わりません。板厚は5mm程度にしようと思いますが、トップのどの部分を測っても5mmにというのは難しいかもしれません。測る道具もないし。ダイヤルゲージを買ってキャリパーゲージを作ろうかどうか迷っているところ。アコースティックギターを作る時にも使うものなので、できれば欲しいな。トップのアーチ削りはまだまだ続く。今日はここまで。(2012/08/12記)
  日曜日。1つ前の写真と比べて、あまり変化がないように見えますが、これでも8時間ぐらい削ってます。一番薄い部分で板厚が6mm強。表側の形状が少し複雑なので、全体を完全にというわけにはいきそうにありませんが、だいたい5mmくらいの板厚になるように、明日以降少しづつ削って仕上げていきます。あと2〜3日はかかるかな。ポットやトグルスイッチを取り付ける部分なんかは刃物を入れにくくて難しいです。今日はほとんど丸ノミで少しづつ削るようなやり方でした。日中しか音の出る作業ができないのでノミを叩く事もできません。3号機でチェンバー構造にするためにバック材を削ったときの大変さを思い出します。このギターもバック材をえぐるので、ちょっとその大変さを想像すると憂鬱な気分になります。(2012/08/13記)
  概ね格好がついてきました。まだまだ追い込みますけど、この作業の終わりに近づいてきたのを確認できると少し安堵感があります。まだ板厚は6mmはあります。
  各部をドアをノックするようにトントン叩いて音の響きを聞いてみます。ゴンゴンに近いコンコン、コンコン、カンカンと叩く場所によって音が微妙に違います。まだまだ音のバラツキが大きくて完成にはほど遠い感じがします。今日はここまで。(2012/08/12記)
  サウンドホールを切り抜きました。まだしっかりと成形していませんが、板厚を見るために切り抜いてみました。ボディーの後ろの方が7mmほどあったので、再びカンナ、ノミ、スクレーパーで削る作業を続行。ちなみにこのサウンドホールの形状はTaylor T-5というギターのものを参考にこのギターの形状に合うように変形させたもの。
  概ね5mmくらいの板厚に揃ってきました。叩いてみるとカンカンという音になってきました。後はサウンドホールを綺麗な形状に整えて、もう少し音の響き具合を確認しながら板厚を削っていきます。ポットなどを取り付ける辺りがすごくやりにくい。(2012/08/14記)
  トップの裏側をサンドペーパーで削ってだいたい終わりました。まだ少し綺麗にしたいところがありますが、先に進みます。先に進むと言っても、また延々と彫るだけです。今度はバック。このギターは箱の容量を稼ぐためにバックを10mmほど厚くして40mmあります。ここを35mmくらいの深さまで彫ってホローボディーにします。
トップの裏側よりも少しだけ形状が複雑ではないので、最初のうちは彫りやすいですが、深くなってくると刃物が届かないとか、いろいろと大変になるのが予想できます。でも、ある道具でなんとやります。今日はここまで。(2012/08/16記)
一番深いところでやっと15mmくらい彫れてます。まだまだ先は長い。しばらくつまらない写真が続きそうです。やってるよというアピールをしてるだけ。(2012/08/16記)
  全体に15mmくらい彫れてきました。あと20mm。なかなか終わりが見えてきません。(2012/08/19記)
  飽きちゃいそうだったので少し楽をします。最初からこうすれば良かったなんてちょっと思ってます。ボール盤で同じ深さの穴をたくさん開けてノミで削っていきます。
  予定していた深さより2mmほど浅いところまでドリルの穴が開いてます。あと3日ぐらいかかるかな。今日はここまで。(2012/08/21記)

目次に戻る 前のページへ 次のページへ

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 590,314 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2017年11月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。