//
#08 PRS Custom 22 Hollow Body p.03

目次に戻る 前のページへ 次のページへ

だいたい30mmの深さに全体を彫りました。しんどかったー。くびれの部分は裏側にコンター加工を施すので多めに木を残してあります。これからコンターに合わせてこの部分も板厚が9mm程度になるように削っていきます。側面の壁がノミで削ってガタガタになっているので、これを綺麗な面にしていきます。ここからはサンドペーパーでのんびりやるかな。(2012/08/28記)
  少し作業に飽きてきたので気分転換でボディの裏側の形状を決めます。このギターは通常のソリッドギターに比べると10mmほどボディに厚みがあります。あまり厚みを感じない形状を探りながらボディの裏側を削っていこうと思います。今の時点では、標準的なコンター加工を施して、ボディの淵がボディの中央部よりも5mmほど薄くなるように緩いお盆状が良さそうだと思っています。だいたい写真のような形になります。(2012/08/29記)
  バックがだいたいできました。ここまではほぼ刃物だけで成形してきましたが、まだ細かな部分は刃物が上手く使えずに成形ができていないので、ここからはサンディングでじっくり仕上げていきます。すでにトップにはピックアップホール、ネック接合部、弦を通す穴など、加工する箇所の製図を写してあります。当初は2つのピックアップを3ポジションのトグルスイッチで切り替える仕様を想定していましたが、どちらか一方のピックアップをタップするミニスイッチを付けようと思うので、もう一つ穴を空けないといけません。

バックとトップを合わせてみるとこんな感じ。バックの裏側の淵は5mm削っているので、実際の厚みよりも少し少し薄く見えると思います。せっかくの手加工なので、バック側もトップ同様少し複雑な曲面にしています。最終的にはバイオリンの背中みたいな感じになると思います。トレブル側のコンターはもう少し削りたいところです。この状態で抱えてみるとボディの厚みを一番感じるのがその部分です。これくらい内部に空洞が多いと箱の音がしますね。もう少し容積を稼ぐために削ろうかどうかなんて考え始めています。財布の中身に余裕があったらピエゾピックアップ内蔵のブリッジにして、エレキとアコースティックの両方の音を出すなんていうこともしてみたいです。今回は無理かな。(2012/08/30記)
  さて、開けられる穴は開けてしまいましょう。このギターを弦をボディーに通す方式です。まずはストリングブッシュ。8mm強の穴を空けます。一直線に並ぶ穴ではないので、完全に等間隔に穴開けしなくても誤摩化せるんですが、等間隔にしないと落ち着きません。こんな場合は次のようにして穴開けします。

  • ボディの表側から1弦と6弦の穴を貫通させる。この時、ドリルの刃がボディに垂直になるようにしないと出口でズレます。ここはボール盤が届かないところなので、垂直に穴を開けられる治具を作るなどしてやります。
  • ボディ裏に貫通した1弦と6弦の穴の間を5等分して、2〜5弦の穴開け位置を決める。弦と弦の間隔は10.8mmなんですが、貫通した1弦と6弦の穴の距離を測ったら55mmありました。ちょっと穴がズレてしまったということ。
  • ボディ裏から穴開けする。
  ボディ表側にはストリングガイドがハマります。ここは4mmの穴。レスポールのような左右に3つづつペグがつくタイプのギターって、どうしても3弦のテンションが弱くなります。テンションが弱いと音程が同じでも違う音がするような気がします。ペグ側でストラトキャスターのようなテンショナーを取り付けてテンションを調整できるようにすればいいのかもしれませんが、そうすると美観が損なわれます。このギターではブリッジ側で3弦のテンションを高めてやろうと考えて、こんなレイアウトにしています。効き目があるかどうかは音を出してみないとわかりません。
  ブリッジはアンカーを埋め込むタイプです。ここは11mmの穴です。ピックアップホールは6mmのドリルで角の部分に穴をあけて、その間をノコギリで切ります。切った後でヤスリで修正するわけですが、これが案外手間がかかりますので、角の部分に開ける穴はなるべくけがき線ギリギリになるように開けます。
  タップするためのミニスイッチを取り付ける穴を追加しました。普通のソリッドギターのようにコントロールキャビティーがあって蓋があるという形式ではなく、コントロール類はサウンドホールから入れて取り付けしますから、ボディのトップをバックに接着してからだと、コントロール類の取り付け穴を加工するということができません。ですから、この時点で一旦コントロール類を取り付けて、穴の大きさ、取り付け部の厚みなどに問題がないかを確認しています。やってみて良かったです。板厚が厚くてボリュームとトーンのポットのナットが締められないことがわかって、少し修正しました。
  ピックアップホールとサウンドホールをもう少し綺麗に修正しますが、これでだいたい終わりです。(アウトプットジャックの穴を開け忘れてます)タップはPush/Pull型のポットにした方が美観的には良かったかな。まだトップの裏側とバックの表側が綺麗になっていません。組み立てれば見えなくなる部分ですが、なんとも気持ち悪いので、この後、じっくりと修正していくことになります。ピックアップホールはドリルで角に穴を開けて、穴の間を下の写真の自作ノコギリで切り抜きました。ジグソーの替刃をメープルの端材で作った柄に取り付けただけの簡単なもの。これだとドリルで開けた穴に糸鋸の刃を通して、刃を固定して、なんていう面倒くさいことをしなくて済むので楽でした。買ったのに使わないジグソー。刃だけはこんなところで役に立ちました。(2012/08/31記)
  ボディ加工の終盤です。ネック接合部を彫ります。いつもはトリマーでやる加工ですが今回はノミでやります。
直角の部分は直角に。平面は平面に。なかなか難しいものです。この後、ボディの内側を少し削って板厚を7mmくらいにしました。あとは刃物の痕をサンディングで消して綺麗にすればトップとバックを接着できます。接着してしまうと手が出せなくなるので丁寧にやりたいと思います。(2012/09/01記)
トップとバックの外側も内側も綺麗にサンディングしました。接着面を鉋がけして平面にして接着です。
このたくさんクランプで締め付けている絵が好きです。明日は少し成形をしてから、ネックの製作に移ります。(2012/09/02記)
  トップとバックの接着ができたので、大まかに成形します。今日の作業はほぼスクレーパーのみで行いました。自分の好みを反映して、本家PRSよりも丸みがあって大胆な削り込みをしようと思います。だいたいこんな感じかなというところで写真を撮りましたが、もうひと削りしたいところです。塗装に入る直前まで手を入れられるし、うっかり傷をつけてしまうこともあるので、ここで一旦ネック加工に移って、いろいろイメージを膨らませながら時々手を入れて行こうと思います。(2012/09/03記)
  ネックの加工を開始します。握りの部分はいつも写真のようにして厚みを落とします。側面に切り取る目印になる線を描いて、その線の上を畦引き鋸で挽いて切り込みを入れます。

一部をノミで削り落として、写真のように鋸が入れらるようにします。

畦引き鋸で入れた切れ目に沿って、鋸を挽いて引き割りします。

ヘッドも同様の方法で厚みを落とします。

そんなに時間はかかりませんが、けっこう大変です。他にもっといい方法がないか考えようと思います。

  厚みが落とせました。今回のネックも4号機と同様に細めにします。この写真では、ヘッドはすでに厚みを落として、耳の部分にネック材を接着中です。
  ネックの接合部を作ります。製図通りに罫書いた線に沿って、一気にこの形に鋸で切ります。今回は40mmの幅でボディに接合しますが、ボディ側は40mm弱にしてあります。ネック側は40mm強に切り取りました。

仕込み角は3度ですので、接合部の下に傾斜がついています。

  ボディ側が40mm弱、ネック側が40mm強なので、当然ハマりません。ここからは、ボディとネックの中心線が合うように、仕込み角が3度ピッタリにmなるように、ボディとネックが接する面がピッタリになるように、少しづつ削って追いこんでいきます。この加工はギター作りでは最も慎重さが求められる部分ではないでしょうか。

「削り過ぎたらアウト、削り過ぎたらアウト」と何度も自分に言い聞かせながらの作業です。

  ヘッドに接着した耳をヘッド面と面一になるようにカンナで削ったところ。
  今回はヘッドのつき板にマダガスカルローズを使ってみようと思います。カンナがけがしにくい材料です。ボディは赤く塗り、指板もローズウッドですから、全体的に赤い感じのギターになると思います。(2012/09/05記)

目次に戻る 前のページへ 次のページへ

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 590,314 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2017年11月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。