//
表示中
Opinion - 意見

あえて暴力を肯定してみる


最初にここで言う暴力の定義を書いておきます。

「暴力とは人の自由を制限・奪うもの」

暴力にはいろいろなパターンがあります。
暴力にどうやって対処するかということは人間がずっと考えてきたことです。

軍隊は国の独立を維持するための暴力集団です。
軍隊は無闇に戦闘行為をしません。

警察は市民の生命と財産を守るための暴力集団です。
警察は法に則って捜査・逮捕(人の自由を制限)するという力を行使します。
北の楽園と称して、多くの日本人を北朝鮮に誘った人たちが好んで使う言葉で、「北朝鮮の街には警官がいない。それは犯罪がない平和な社会だから」というものがありましたが、真っ赤な嘘でしたね。

刀を持つ侍も暴力集団(階級)です。
領主に仕える侍は領民たちを守るための自衛組織を構成します。
むやみに刀を抜くのは侍の恥です。
刀は善良な市民に向けられるものではありません。

親や教師が子供を叱る、時には体罰を行うのも暴力と言えば暴力かもしれません。
悪いことをしたときにお尻を叩いたり、廊下に立たせるのは子供の自由を一時期制限する。
躾は時には暴力を伴います。

これらの暴力は秩序を守るために必要なものです。
秩序は道徳心によって維持されます。
近代では法律がその役割の多くを受け持っています。

秩序を乱さない限り暴力は姿を現しません。
でも、残念ながら秩序を乱す人がいますが、そういう人に対して暴力が行使されるのは仕方のないことでしょうし、口で言ってもわからない人の暴走を食い止めるために暴力が行使されるのを否定するのは簡単ではありません。

最近、身近なところで起きた事件のことを書きます。
「性的嫌がらせを受けていた女友達のために、嫌がらせをした青年を殴った青年が無期停学処分になった」という話です。
通常、停学処分を受けると外出や外部との連絡も禁止されます。
多くの自由を奪われるわけです。
「人の自由を奪う」のが暴力なら、これも立派な暴力でしょう。

殴った青年は殴った理由について反省する必要はありますが、殴られた青年も殴られた理由について反省する必要がある。
教師は殴った理由と殴られた理由をよく吟味して処分を検討する必要があるはずなのに、一方的に殴った青年に罰が与えられた。

殴らないで済めば殴りません。
殴るにはそれなりの理由がある。
この件では殴った理由は明白でしょう。
弱い女性に執拗に嫌がらせをするという暴力には「秩序を守るため」などという理由はない。
あるのは「自分の欲望を満たす」というだけの身勝手な理由。
「身勝手な理由」で「自分が大事にしている人」が被害にあっても、永遠に我慢していられる人ってどれくらいいるんでしょうか?

当事者を同席させての話し合いをしなかった教師は、成長期の青年の正義感、女性の受けた精神的な苦痛、身勝手な行為に及んだ青年の心にあまりにも無関心。
「愛の反対語は無関心」とマザーテレサは言ってましたね。
生徒に対する愛に欠けた教師による教育だったんじゃないかって思います。
悲しむべきことです。

力を持つ者は、力をどう使うを考えなければならない。
軍隊は国民を他国からの侵略から守るという、もっとも崇高な使命によって力を制御します。この使命は時には明文化された法律を超越します。

警察は市民の生命と財産を守るという、法律によって決められた手続きによって力を制御します。
侍は滅私奉公の精神という崇高な道徳心や義や仁といった徳目によって力を制御します。
親や教師は社会に貢献する人を育てるという精神で力を制御します。

起きうるすべてのことを飛び越えて、軍隊はいらない、警察はいらない、体罰はよくない、暴力は良くない、などということはあり得ないのです。
それこそ社会にとって迷惑な「悪」だと思います。

僕は勇気を持って「悪(だと思うもの)に対する暴力」を肯定したいです。
そういう勇気がないことの方が悪かもしれないです。
雑感

弾が飛んでこないところで、反戦や平和を訴えるのは簡単ですが、弾がいつ飛んできてもおかしくないところに身を置いたときでも反戦や平和を訴えることは容易ではないでしょうね。
前線で汗を流している人には感謝と敬意の心を持ちたいものです。
先日ギリシャの友人と、「弱さ」とは戦う能力がないことではなく、戦う意思がないことである、と話していました。
剣は暴力の象徴と思われる武器ですが、「心に剣」を持たない人間は弱い人間だと思います。
武士の世ならば腰抜けと呼ばれるんでしょう。

先ほどの停学処分になった青年のその後ですが、学校に行けず授業に出られない、級友との連絡もできない、という状況で迎えた試験で以前よりも良い成績を取ったそうです。
悔しい思いを克服するために、一人で頑張って勉強をしたんでしょう。
「心に剣」を持っていると思いました。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 766,941 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2010年1月
    2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。