//
表示中
Opinion - 意見

なんか・・・いろいろと


上のビデオと内容が無関係に見えるかもしれませんが、実は関係があります。

Twitterをやってると、いろんなことを書く人がいて面白い。

ある程度まとまった考えはブログに書いた方がいいかな、と思って時々ブログにまとめます。
あんまりまとまってはいないんだけど。

テーマは人間の傲慢さとかいろいろ。
今日も徒然に書きなぐってみます。
この行為は、僕にとっては物事を自覚するためのプロセスです。

まずはこんな話。

ネットではテレビしか観ない人を馬鹿にする人がいます。
一種のレッテル貼りですね。
実際はテレビや新聞しかみない人(こちらが圧倒的に多い)とネットでギャーギャー言ってる人に大きな差はない。
もっともらしい事を言う人に続いてうわーーーーって動いてるような現象もよく見られます。
ネットでギャーギャー言ってる人の方が、時には、断片的な知識ばっかりで頭でっかちになってて、始末が悪い場合さえある。
レッテル貼りをする人を批判するくせに、手の中にはまだ何も書かれていないレッテルを握ってたりする。

次の例はこういうの。

自分が嫌いなもの都合の悪いものを「悪」として、そうでない自分を「善」だとする考え方。
悪の方を基準にして考えてるようにも見える。
反左翼が保守だっていうのがそのパターンの典型。(左の反対は右なんだから、そこに保守が入ってくる時点でおかしんだけど)
保守って何?という問いを投げかけても、???な回答しかできない場合は、多分にこの傾向がある。つまり軸が違う、というか無い。
悪ではない自分に安心してるだけで、実はそんな人が別の悪を応援してたりもするという滑稽な現象もある。

こんなのもある。

今の価値観で過去を見てそれを「悪」だと思う。
それぞれの時代で、人々が受け止めた現実があって、それぞれにその中で懸命に生きてきたからこそ、今があって自分がいて、それぞれが頑張ったんだなと思う。これは時間を進めて未来から今を見ても言えること。
それぞれの時代で良いと思うもの悪いと思うものもあって、一方的に過去を断罪してしまうような態度は、未来の人が自分を断罪する可能性があることを恐れていない態度かなって思う。
これ、特攻隊精神を批判する人に見られる思考パターンですよ。
今は「そこまでして延命させるの?」っていうくらい、医療は「生かしておくこと」に熱心。
実際は効きもしない薬を打ち込んで別の病気を作ってまた病院へ、というマッチポンプ的な側面もある。その方が金になるから。(この行はちょっと脱線)
で、「生きていることを善とする」という、なんとなく否定しにくいような考えがすり込まれて、「死ぬことは悪い」とか「死ぬことは損だ」 みたいな価値観を作り出す。
こういう人は靖国神社には行けないし行かないだろうね。
人権思想とか平等思想は、全部このパターンです。
これが酷くなると、自分が「不幸だと思う人」に対して「可哀想」と言う 。自分は不幸ではないからそういう目線になる。悪気がないだけに気づかない。
かろうじて僕の両親あたりだと「○○の分際で」という言葉が出てきますが、これって僕はけっこう大事なことだと思う。抜け出したいなら努力する。それが前向きな現実主義者の取るべき態度。人に言われると腹が立つけど、自分がその分際を自覚するのは前向きな態度だと思えます。
猫も犬もミミズもゴキブリも、本能で生きているものはすべて「分をわきまえて」生きてる。分際というのはそういうことです。人間だけが理性でこの分際を忘れてしまう。

こんな話も。

ホームレスの人を見たときに子供に対して「ああなると困るでしょ?だからしっかり勉強しなさい」みたいな教育をする大人。脅迫観念を植え付ける。貧乏は悪だ惨めだと。子供に貧乏な暮らしをして欲しくないという親心なのかもしれないけれど、これで終わってはいけませんよね。
教えるべきなのは「ああいう貧しい人を助けられるように、しっかり勉強して立派な大人になりなさい」でしょ?
前者が後ろ向きな教育で後者は前向きな教育。世の中を良くしない教育ならしない方がいいくらい。

すごい徒然でした。

ここに書いたこと。
自分がこれじゃいかんな、と思って自己改革していくことはできる。
もっと早く気づいていれば良かったとも思うものもある。
同じ事を思う人もきっといるはず。
軸が大事なのかな。

これらは、本を読んだり人と話したりした中でだんだん自覚してきたことではあるけれど、実は死んだ祖母が教えてくれたことでもあった。ばあちゃんに感謝。
(僕は典型的なおばあちゃん子でした)

全部、自分に返ってくることですね。
今日はいつもより質素な食事にして、少し自分を顧みてみようと思います。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 765,812 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2010年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。