//
表示中
Opinion - 意見

パンを食べると馬鹿になる?


ちょっと過激なタイトルですが、普段考えていることを徒然に書いてみます。
これ著名な学者が大声で言ってくれたらいいのにって思います。
あながち極論でもないと思うんです。
パン食の危険性については、いくつかの視点がありますので、ある程度まとまったら、順次書いて行こうと思います。

今日のところは、健康の視点から。

日本人の腸は欧米人のそれと違って長いです。
これが意味することは、時間をかけてゆっくり食物から栄養を摂取するというということ。
米とパン(小麦)と比べると、米の方が消化吸収に時間がかかります。つまり長い腸を必要とするんです。それに対してパンは短い腸でいいわけです。
例えば足を骨折して入院したりすると、骨折が治っても筋肉が痩せてしまって力が出せませんよね。使わない機能は衰えるんです。
それと同じ事が腸でも起きると考えてみてください。
機能不全の腸が栄養をしっかり吸収できると思いますか?
脳で使う栄養はぜんぶ腸から吸収しますよね?
機能不全の腸から吸収した栄養で足りると思いますか?
いい栄養が摂れますか?

健康的にダイエットをするときは、精製度の低い食生活に切り替えます。
簡単に吸収されてしまうような食材は排除する。
野菜ジュースよりは野菜を、パンよりは米をという具合にスイッチします。
ゆっくり栄養や糖分を体に取り入れて、体にショックを与えないようにします。

次に国防と世界平和の視点から。

我が国の小麦の自給率はとても低いです。
数パーセントでしょうか?
それに対して米の自給率はずっとマシな状態。
自給率の低い農産物を輸入に頼るのは、それだけ外国への依存度を高めます。

なぜこうなったかというと、大東亜戦争後に、アメリカは日本に小麦を大量に輸出しました。そして学校給食でパンを主食にしたり、パン食を普及する宣伝をしました。
それに呼応して、占領体制に迎合した学者が「米を食べると馬鹿になる」なんていうことを朝日新聞か何かに書きました。
冒頭で「著名な学者が」と書いたのはここから出てくる言葉です。

少なくとも先進国と言われる連合国(国連加盟国)の自給率はとても高い。
それに対して日本の食糧自給率はとても低い。
そのように仕向けられたんだという認識は持っているといいと思います。

食糧がなければ兵隊さんは戦えません。
国民の多くが餓死する、食糧を求めて暴動が起きる、少なくとも社会は混乱しますよね。
防空壕に隠れても、核シェルターに隠れても、食べ物がなければみんな死にます。
原爆より怖い食糧危機。
シーレーンが守れれば、なんていうのは誤魔化しに違いないです。
シーレーンの先で、天災、戦争、政治的な意図で食糧の供給が止まったら意味がありません。

国防を論じるなら、まずは食糧自給率を上げる。

食糧は地球上のどこでも同じように作れるわけではありません。
現代では貿易という手段で食糧を外国から調達する割合が高くなっています。
金を使っての食糧争奪戦ですよね。
お金がたくさんある国は食糧が買えて、お金がない国は食糧を持っていかれる。
グローバリゼーションなどと言って、世界規模で大規模農業をやるのも、安い人件費と広大な土地で生産した食糧を、より高く売れる地域に販売して儲ける仕組みです。
困った事にその流通を独占しようとする勢力もあります。
食糧生産の伸びよりも人口の増加の方が速いこともあって、食糧を買えない国は飢餓で死にます。
貧乏人は死ね、みたいなことが食糧を貿易によって調達するという行為の結果起きます。
意図しているかしていないかに関わらず。

世界の安定を望むなら、食糧自給率を上げる。

最後に政治の話をちょっと。

政治家に食糧自給率を上げろと言ってもなかなかうまく行きません。
国民のほとんどが、金さえあれば食うに困らないと思っている状況で、関心も低く票にもならない。だから年金だとか景気だとか、そういうことが争点になるんです。
きっとパンやパスタの製造メーカーからも突き上げを食らうでしょう。
票にもならず、地位を危うくするかもしれないことを強力に推進するとは思えません。
廃業した農家が相続のために土地を売ってマンションが建ったら、もうそこから農産物はとれません。
税制も一緒に見直さないといけないですね。
農政や税制に関しても占領期に仕掛けられた罠の一つです。
(日本国憲法などを読むとわかると思います)

多くの人が、パン食から米食へシフトして、自然に小麦の消費が抑えられるようになったら、必然的に改善される部分も多いと思います。
できれば自給を心がけてみる。
地道だけれど確実に効果が出るんじゃないでしょうか。
一度にはできないかもしれないけれど、急にはやれないかもしれないけれど、安心できる未来の為には考えてみても良い事じゃないかと思います。
こういうことが、個人個人の認識と工夫でできる国防の一つかもしれません。
個人では戦闘機は買えないです。

まだ、あまり良くまとまってないですが、「私ができる国の守り」みたいなことを書いて行きたいと思っています。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 765,812 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2010年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。