//
表示中
Opinion - 意見

日本人ならおさえておきたい東京裁判史観


自虐史観なんて言われてるものかもしれませんが、ちょっと整理をしておきます。

極東軍事裁判(いわゆる東京裁判)は戦勝国が負けた国を裁くという、道義も法理論も無視したとんでもないものでした。
ここまでみんなわかる。

あれは裁判ではない。
裁判と書いてあっても裁判ではないんですよね。

日本国憲法が憲法と書いてあっても憲法じゃないのと一緒。

ブログにも書いてあるので読んで欲しいんだけど、東京裁判は政治ショーです。見せしめ。
ブログはこちら。「所謂日本国憲法は謝罪憲法」http://wp.me/pKQj5-g0

これは日本国憲法のこの部分につながっていきます。

第98条2項「日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。」

ア「わかったらとにかく黙って言うことを聞け。」
イ「はい、わかりました、ごめんなさい。」

アはGHQです。連合国と言ってもいいです。
イは日本を売った政治家、学者、役人です。

こうなるように威圧したのが東京裁判です。

ちょっと補足しますが、この条文を良く読むと不自然なことがわかるんです。
「必要とする」と書いてある。
普通はこんな書き方をせずに「これを誠実に遵守する」でいいわけです。
憲法制定過程はマッカーサー草案を、一生懸命翻訳したというのが実体。
一生懸命翻訳してくれたおかげで、こういう憲法としての不自然さが証拠として残ってくれたんです。
他にもいっぱい不自然な部分があるので、探してみると面白いです。

東京裁判史観というのは、この「はい、わかりました、ごめんなさい」なんです。
自虐史観というやつ。

で、この東京裁判が不当だとかどうだとか、今文句を言っても仕方ないということを考えます。これがけっこう重要です。

不法に制定された日本国憲法と、裁判の形式をとった裁判ではない東京裁判。
どちらも有効なんです。

日本はこれらの不当なものを、飲まされることと引き換えに、独立を回復して、まがりなりにも独立国(本当は違うけど)の姿を取り戻し、國體をかろうじて守れた。
つまり、講和の条件として、この二つは有効なんです。
ただし、憲法ではないし、裁判ではない。

憲法がおかしい!
東京裁判は不当だ!

って言っても状況は改善されませんが、これらは講和のために必要だったと考えて、それぞれが「あ、あれは憲法じゃない」「あれは裁判じゃない」っていう認識をはっきり持つと、未来は開けていきます。

どういうことかと言うと、「あ、あれは憲法じゃないよね」って思うということは、憲法が別に存在することを認識できるからです。
いろいろ証明する方法は別のところで書いているので、ここでは取りあえずそれは大日本国憲法が現存しているということだけ書いておきます。

「あれは裁判じゃない」って思うと、何をすることになるかというと、サンフランシスコ講和条約の中に東京裁判の結果を固定化する=戦犯としての罪を固定化される条項があるので、それを破棄しましょうという話になります。
これをやらないと英霊の名誉は回復しませんので日本人なら名誉にかけてやるべきことですし、一方的に破棄することは可能です。
靖国に行って「英霊のみなさまに感謝します」というだけではいけなくて、実際に名誉を回復する措置を取らないといけないんです。
「日本を守ろう!」「日本人は誇りを取り戻そう!」というかけ声だけじゃだめだということでもあります。

東京裁判史観に戻りますが、これは多くの人が勘違いしているかもしれません。
この言葉がぴったり合うのは、戦後の体制を維持してきた歴代の政権です。
つまり自民党。
いい代議士さんもいるので、自民党の議員全員を否定するつもりはありません。
「こんな日本になったのは自民党が悪いから」という声もよく聞きます。
中にはズレてる人もいますが、それにも一理あるということです。

見せしめで脅して、国柄をがらっと変えてしまうような憲法みたいなものを押し付けた占領国も酷いですが、言論統制や思想統制が行われて、みんなが気づかなかったのをいいことに、この隷属体制(ポツダム宣言だか降伏文書だかには「隷属する」という表現が使われているが、外務省だかが意図的に誤訳している)を維持してきた政治勢力はそれ以上に酷いと思います。

「戦後の発展があったんだからいいじゃないか」なんていう意見もあろうかと思いますが、ここではそれは却下したいです。
戦後の発展がこの隷属体制のおかげだけではないのだから、それを全面的に肯定できることにはなりませんし、そうやって「良い事もあったんだから隷属でもいいじゃん」的な発想は一種のマスターベーションでしかなく危険な発想だと思うからです。

自民党信者の人には耳が痛い話かもしれませんが、事実を書いたつもりです。
妄信はやめた方がいいと思います。
少し引いて現状を見るのをおすすめしたいです。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 766,300 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2010年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。