//
表示中
Opinion - 意見

公務員を削減するための採用試験と昇進試験


日本は公務員が外国に比べと多いの少ないの、だから良い悪いなんていう議論をする人がいますが、天下りを始めとする腐敗を減らす、役人が責任を問われない立場であることの問題を減らすには、別の議論が必要じゃないかと思う。

道徳教育なんかに頼ろうにも、肝心の教える側がダメだからどうしようもないし、他人の道徳心を当てにして生命や財産を預けるのは不安でしょ。

そもそも上澄みで稼ぐような仕事は少ない方が社会のコストは下がる。
生きてれば誰もが消費者だけれど、生産者はかなり少ない。多くが非生産型労働です。
問題の調整役としての中間者みたいな業務はあると思いますが、たいていは無駄。
教えることが良い事だと勘違いして学ぶ力を殺ぐ教師とか、問題が起きると稼ぐチャンスだとばかりに張り切る評論家とか、病人を作る医者とか、探せばたくさんいるでしょう。

役人を減らすには、採用試験や昇進試験を工夫すればいいように思います。
試験の問題は「どうすればあなたの仕事をなくせますか?具体的な施策を述べよ」です。100点満点で50点をこの問題の解答に当てる。

50点に満たない場合は、不採用、昇進昇給なし、あるいは解雇。

「仕事をなくす施策」は即実行させます。3年から5年くらいの期間で評価する。やらなければ即解雇。うまく仕事をなくせなかったら解雇。仕事をなくせたら、もういなくていいんだから多めに退職金をやってさようなら。努力したけど成果が十分でなかったら、昇進昇給なしで慰留し、再度試験を実施。

役人の仕事が減れば、役人の立場を利用した利益供与の機会も減る。長くいてもペーペーだったら天下りもできないでしょ。

役人も役人じゃない人も、どんどん生産型労働に移行するといいですよ。生産せぬ者食うべからず。わかりやすくていいと思うんだけど。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 804,279 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2013年11月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。