//
表示中
Music - 音楽

指板の仕上げと接着


指板を接着する前にフレットを打ちます。接着の後でもいいんですが。

指板の両脇には指板材をバインディングのように貼ってあるので、フレットは両端の舌を切り落としてから打ち込みます。この加工をするための専用のニッパーが売っていますが、普通のニッパーとヤスリでやれるので買っていません。専用の道具に比べるとちょっと手間がかかります。

17_MartinOOO_191

 

フレットの両端を打ち込んでから真ん中を打ちます。夜の作業だったので若干金属ハンマーより静かなプラスチックハンマーを使いました。

 

 

 

 

17_MartinOOO_190

 

 

打ち終わり。20Fが打ち込み不良があったので、一旦フレットを抜いて打ち直しました。

 

17_MartinOOO_194

 

フレットの端を斜めに削っておきます。ここはダイヤモンドヤスリを使ってやっています。フレットの両端は手が引っかからないように滑らかに削りますが、フレットの擦り合わせ後にやることにします。

17_MartinOOO_195

 

 

 

指板は膠で接着します。三千本膠を小さく切って湯煎します。

17_MartinOOO_196

 

膠の硬化を送らせるために材料を暖めておきます。これは指板を暖めているところ。

17_MartinOOO_197

 

ネック側も暖めます。

膠は母材にしみ込んで接着力を出すので、接着する材料の片側だけに塗ると、もう片側の材料へのしみ込みが少なくなってしまいます。だから両方の材料を暖めておきます。

17_MartinOOO_198

 

ネック側と指板側の接着面に刷毛で膠液を塗って急いで圧着。膠のときは途中の写真を撮る余裕はありません。

17_MartinOOO_199

 

製作記録はこちら

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 745,936 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2013年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。