//
表示中
History & Culture - 歴史・文化, Music - 音楽, Nature - 自然, Opinion - 意見

国産材レスポールタイプはわりと受けがいいみたい


2014-07-10 09.06.37

左の写真はInstagramの画面のコピーです。積極的な人はタグを付けて見つけられやすくするようですが、面倒くさいのやっていません。その割には「いいね」の数が多かったのがこの国産材レスポールタイプの完成予想写真です。

木工を初めて2年と8ヶ月程が経ちました。手始めにギターで木工を練習するという戦法で始めたわけですが、当初から全部国産の木材でギターを作ってみたいと思っていました。このギターが完成するとその目標を達成できます。

僕の関心は1)木材を有効利用すること、2)伝統的な木工技術を習得すること、3)1)、2)の結果として、自給型で循環型の経済活動ができるようになることです。

日本人は海の民であり森の民です。国土の約7割が森林という世界でも有数の木の国です。採れもしない石油を大金をはたいて買うより、豊富にある資源をどんどん使った方がいいに決まってますが、実際はそうはなっていません。燃料も製品の素材も多くが石油から作られたものを使う生活が定着してしまいました。

木材の有効利用の目的は森林資源の保全です。木は植さえすればいくら使ってもなくならない資源の筆頭です。だからといってやたらと使えばいいというものではないし、有効に使うにはそれなりの技術や経験が必要です。樹齢100年の木を伐って何かの製品を作ったら、その製品が100年使われないと木がどんどん減ってしまいますから、耐用年数の長い製品を作る能力が必要です。

木を利用する文化には奥深いものがあります。縄文時代から数えれば1万年なんていう年月を経て木の文化が現在に伝わっている。文化は生き物です。文化は人間が工夫や努力をして蓄積したきたもので、それを守ろうと思ったら過去の人々がやったように、工夫や努力をして新しいものを積み上げていかなければなりません。博物館に展示して保存すれば文化を守れるわけではありません。伝統的な木工技術の習得は、この文化の継承を行うために必要なことです。過去の技術を習得した上で、それを自分なりに解釈改善して発展させなければなりません。発展させられるようになるか、発展させる余地が残されているのかはわかりませんが、理屈としては発展させて積み上げなければ守れない。

なかなか徹底ができていませんが、接着剤に膠を使い、塗装にシェラックや漆を使うのも、これらの目的を達成するために必要だからです。

趣味でギターを作ってるみたいに言われることが多いですが、別にそう思われても構わないですけど、一応僕の中ではこれは趣味ではないです。

こんなことを考えながら写真のギターを作っているわけですけれど、Instagramではギターや木工に関心のある外国の人からコメントをもらうことが増えてきました。「ほとんど、あるいは完全に手道具だけで作る、文字通りのハンドクラフトだ」みたいなコメントをもらうこともあります。手道具で作るのには、(1)それぞれの木の個性をよく見られること(長い時間木に触れるから)、(2)過去の木工職人の技を学べるから、(3)静かに作業できるから、という理由があります。(3)は住宅事情を考えると仕方ないですが、(1)と(2)は前述の1)と2)に対応しています。

このレスポールタイプは、本来ならマホガニーを使う部分を桜に、メープルを使う部分を橡に、ローズウッドを使う部分を黒柿に置き換えたものです。構造と合わせて、この材料の選択があのレスポールの音を生み出していると思いますが、材料を持ったり叩いたりした感じだと、あのレスポールの音にはならないように思います。若干、木の反応が違う。桜と橡の組み合わせは、マホガニーとメープルの組み合わせに比べると音の輪郭が曖昧になりそうな気がします。指板材に黒柿を選んだのは、それを相殺するためで、ローズウッドより硬質な反応を期待しています。

せっかく作ったのだから、自分で弾くにしても自分以外の誰かが弾くにしても、たくさん使われて欲しいと思います。だから、国産材で作った珍しいギターではなくて、良い音がしたギターが国産材でできていたという形にならないと困るわけです。現時点ではなんとも言えませんが、あと100本くらい作ったら、もう少し木の特性がわかってきて、ある程度予想された音が出せるようになるかもしれません。

 

あと100本。10年くらいかかりますか。先は長いです。それまで生きていられるかどうか。

 

次は欅を使ってみようと思っています。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 760,376 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2014年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。