//
表示中
Music - 音楽

完成目前で止まっているフレットレス


漆が完全に乾くのを待っているところです。仕上げの段階で焦っても良い結果が出ません。

フレットレスギターの場合は弦高を思い切り低く設定します。通常のフレット有りの場合は、ナット位置の弦の位置が1フレットでの弦の位置と変わらないくらい、つまり1フレットでほんのわずかに弦とフレットの間に隙間がある位置に設定しますが、そのナットと1フレットでの弦の位置関係と同じような位置関係にしようとするとナット位置での弦の高さは、それこそ指板に弦が触れんばかりに低く設定することになります。(実際はもう少し高くしますが)そうなると指板に歪みがあると弦が振動したときに指板に触れてビビり音がでます。シタールみたいな感じの音です。完全な状態にするためには、弦の張力がかかった状態で指板が真っすぐになるように調整する必要があります。それをまだやっていません。今の状態だと、ローポジションが使えない状態です。

20_Fretless_137

 

高音弦は振動する力が小さいので、ハイポジションではほとんど弦が震えずサスティーンがありません。なるべくサスティーンが得られるように材料を選んだつもりですが、それでも不十分でした。この状態ですとサスティナーもほとんど効果を発揮できません。

高音側の弦はもっと太い弦にして少しでも弦の振動する力を増してやりたいところですが、セット弦だと今度は低音側の弦が太すぎて使いにくいかもしれません。弦をバラ買いする必要がありそうです。

ある程度楽器として良い状態になっても、弾けるようになるまでに練習が必要です。

演奏を披露できる機会は訪れないかもしれません。笑

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 760,374 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2014年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。