//
表示中
Music - 音楽

アコースティックギターのヘッドに蒔絵(後半)


最後の粉蒔きです。雪輪の内側と下中央の椿の花びらに漆を塗ったところ。風呂に入れて少し乾燥させます。

23_Acoustic_218

 

パール粉を蒔きました。上の写真とあまり変わった感じがしませんが。漆の色が強いです。

23_Acoustic_219

 

初めての蒔絵の主な作業がこれで終わりました。最初から上手くできるわけがないと思っていましたが、思っていたくらい上手くできませんでした。以下反省点です。

  1. 輪郭線が上手く描けない。細く一定の幅で線を描けない。線がシャープでない。
  2. 漆の乾き具合を把握できていない。前に蒔いたところに、次に蒔いた粉が付着して汚くなってしまう。
  3. うっかり触って蒔いた粉を剥がしてしまう。なんとなく焦っているというか気持ちが落ち着かないです。
  4. 蒔く粉の出来上がりのイメージを把握できていない。
  5. 上手く蒔けない。粉を材料に落として漆が塗られているところに刷毛で粉をかけるときのやり方がよくわかっていない。

1、4、5は数をこなさないと解決できません。2と3はもう少し落ち着いてやればなんとかなるでしょう。

 

この後は、上から漆を塗って粉を定着させ、拭き漆を何度かやって研ぎ出します。

 

人様のギターに蒔絵を施せるようになるまでには、まだまだ道は長いと感じました。

趣味で楽しむ分にはとても面白いと思います。

身近なもので蒔絵を楽しんでみてはいかがでしょうか?絵を描くのが好きな人ならきっと僕より上手くやれます。今回使用した蒔絵の道具類は株式会社目白さんから購入しました。株式会社目白さんをはじめ漆関連の資材や道具を購入できるサイトは『つくる人々』のリンク集に掲載してあります。

製作記録はこちら

 

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 568,655 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。