//
表示中
Music - 音楽

アコースティックギターのブリッジを作り始める


相変わらずボディの漆塗装は継続中です。現在中塗り中。研いで塗って艶が出てくると嬉しくなってきます。

23_Acoustic_224

 

最近は海外の木工家やギター製作家の間で、日本の鉋や鋸の良さが認知されて、中には僕が使ったこもない槍鉋などを使う人までいます。そういう人たちから見ると僕の製作記録写真は面白いらしく、使っている道具に興味津々の様子。

この日はブリッジ作りをしていましたが、その写真を見て「お前、全部手道具でやってるのか?Amazing!」みたいなコメントももらいましたが、彼らは頻繁に驚いてくれます。そんなに頻繁に驚いていたら疲れるだろうにと思いますが、良いと思ったら誉めるということが彼らにとっては当たり前の感覚。それに比べると日本人は滅多な事では誉めません。(別に誉めてくれって言ってるわけじゃないです)

さて、そのブリッジです。

今回はパオロサを使います。指板とヘッドの突き板も同じ材料から切り出しています。

これがなかなか堅くて手強い木材です。

ブリッジピンの穴の位置を決めてから、サドルを取り付ける溝を掘ります。小刀で溝の両脇に切れ目を入れて、その中を彫刻刀で彫って行くという原始的なやり方。インレイ加工用に自作したハイス鋼の彫刻刀が大活躍です。溝の底を平坦に彫るのが案外難しいんですが、この彫刻刀だといくらかやり易いです。

 

23_Acoustic_225

 

 

ぴったりハマりました。強く押し込むと「ヌルっ」と奥まで入ります。指でつまんで引っ張っても抜けません。後でもう少し緩くします。

23_Acoustic_226

 

 

ブリッジピン穴の上をテーパーに削ります。同じ大きさにするために面取りビットを付けた手回しのドリルでゆっくり作業しました。

23_Acoustic_228

 

 

小刀で大雑把に成形。堅い木を削るときは写真の正宗の青紙鋼のものか自作のハイス鋼のものを使うことが多いです。最後の詰めはコントロールしやすいスウェーデン鋼の小さなものを使います。

23_Acoustic_230

 

 

自作の(改造した)テーパーリーマーでピン穴を広げます。広げ過ぎるとブリッジピンが止まらないし、キツいとピンが奥まで入らなくて格好悪いです。けっこう慎重な作業が求められます。

23_Acoustic_231

 

 

今回はフレットも真鍮系、パーツ類はゴールド、ヘッドには金の蒔絵ということで、ブリッジピンも真鍮にしました。

23_Acoustic_232

 

このギターはネックに少し角度を付けて仕込んだので、ブリッジ位置での弦高がかなり高いです。そのためブリッジも少し厚い作りです。このままで良いはずですが、塗装が終わった時点で、弦高を考慮してブリッジの厚みを確認して必要なら調整します。

製作記録はこちら

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 590,274 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。