//
表示中
Music - 音楽

PRSタイプの塗装の下地作り


塗装の下地は木賊で研いで仕上げます。

事前にボディ材の端材をサンドペーパーのみで仕上げた場合と木賊で仕上げた場合で漆を塗ったときの仕上がり具合を確かめたところ、木賊で仕上げた方が塗り上がりが綺麗でしたので、今後、漆仕上げの場合はなるべく木賊で下地を研ぎたいと思います。

木賊にはいろいろな使い方があるようですが、今回はもっとも簡単な使い方です。

まず木賊の茎を水に浸します。

25_PRSCustom22_114

 

茎を切り開いて小刀で擦って裏側の繊維を取り除きます。この茎の裏側で研磨します。

25_PRSCustom22_115

 

写真のように広げて準備はおしまい。

25_PRSCustom22_116

 

事前に#400のサンドペーパーで研いだボディを木賊でひたすら研ぎます。これがけっこう研磨力があります。ほとんど目詰まりしないのが嬉しいです。

25_PRSCustom22_117

 

バインディング風のボディの縁は漆を擦って欲しくないのでシェラックニスを塗っておきます。

25_PRSCustom22_119

 

 

マスキングして漆塗装の準備が完了。

25_PRSCustom22_120

製作記録はこちら

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

トラックバック・ピンバック

  1. ピンバック: PRSタイプの塗装の下地作り | My Guitar And Amp Online - 2015/03/04

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 583,410 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2015年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。