//
表示中
Music - 音楽

変形アコースティックギターの裏板にブレーシングを接着


裏板の割れ止めを接着します。材料は木目が面白かったのでえぞ松を使いました。

24_Acoustic_025

割れ止めの接着を待っている間に表板の厚み調整。これはエンゲルマンスプルース。

24_Acoustic_026

仕上げるつもりで鉋を掛けました。この材料は肌がとても綺麗ですが若干音が柔らかいです。ブレーシングで音質を調整しますが、おそらく柔らかい音が出るギターになると思います。

24_Acoustic_027

割れ止めの仕上げ。裏板に傷がつかないようにマスキングテープで養生して作業します。

24_Acoustic_028

割れ止めの加工はこれで終わり。面白い木目が写真ではよくわかりません。

24_Acoustic_029

裏板に接着するブレーシングの加工です。 裏板は半径4mの円の弧の形に湾曲させるため、ブレーシングの接着面をその形状に合わせます。
木の台は弧型に加工されたもので、ブレーシングの接着面の形をこれに合わせます。この台はブレーシングを接着するときの台としても使います。

24_Acoustic_030

割れ止めのブレーシングを接着する部分に切り欠きを入れます。若干ブレーシングの幅よりも狭くしておいて、隙間ができないようにブレーシングを当てて調整します。

24_Acoustic_031

この日は時間がなかったのでブレーシングを一本接着して終了。クランプの台は前述の弧型の台です。

24_Acoustic_032

製作記録はこちらです。

 

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 568,453 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2015年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。