//
表示中
Music - 音楽

国産材Les Paul Jr.タイプの塗装の仕上げ


塗装の仕上げの続きをやります。

これくらい映り込めば十分です。漆の塗装膜はとても硬くて研磨には時間がかかります。

22_LesPaulJr_186

シールド塗料を塗りました。ギターワークスさんから購入したShielding Paint。使いやすいです。

22_LesPaulJr_187

凹んだところは磨きにくいのでどうしても磨きが甘くなりがちです。落ち着いてじっくりやります。

22_LesPaulJr_189

残念なことにヘッドには塗りムラがあります。指をさした辺りがいくら研いでも周りと同じ仕上がりになりません。
もう少し漆を塗り重ねます。

22_LesPaulJr_190

ブリッジアンカーにアース線をハンダ付けして埋め込み、ピックアップと結線済みのアウトプットジャックを取り付けました。
ここでポットとキャパシタを間違えて仕入れていたことに気付きます。慌てて適切なものをギターワークスさんに発注しました。

22_LesPaulJr_192

ストラップピンを取り付けて、この日は作業終了。
写真でお伝えするのが難しいのですが、小豆色で薄っすらと木目が見える漆の塗装は綺麗です。使い込んでいくと艶が増していきますから育てる喜びみたいなものもあります。

22_LesPaulJr_193

国産材漆仕上げレスポール兄弟。17号機(Les Paul Standardタイプ)と18号機(Les Paul Jrタイプ)です。17号機の方はだんだん艶が増してきました。

2015-05-24 22.00.52

製作記録はこちらです。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 590,392 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2015年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。