//
表示中
History & Culture - 歴史・文化

革工芸で使う型を作る


iPhone 6用のケースを作るときに使用するものと名刺入れを作るときに使用するものを作りました。

Apple Computer社が公開している図面の寸法に合わせて檜板で作りました。カチっとハマるようなケースを作ることを考慮して、なるべく誤差のないように作りましたが、0.3mmくらいの誤差になってしまいました。0.1mmで抑えるつもりだったのですが未熟です。

2015-07-03 21.35.11

借り物のケースにハメてみたところ。まあまあピッタリです。十分に使えると思います。

2015-07-03 21.35.36

これが名刺入れを作るときの型。8mm厚のMDF板で作りました。

2015-07-05 00.27.12

革を凸型の上に置いて、こんな風に枠をはめて固定することで、名刺が入る部分の形になります。

2015-07-05 00.27.42

それほど難しい仕事ではありませんが、誤差を0.1mm以内に抑えようと思うととても難しい。
墨入れ、切削、仕上げといくつかの工程で確実な仕事が求められます。良い練習になります。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 556,102 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2015年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。