//
表示中
History & Culture - 歴史・文化

女性用桐下駄は漆仕上げにします


男性用の桐下駄の歯がつきました。鉋で側面を平らにし、歯の底に減り防止のための白樫の杭を打ちました。
鼻緒の穴を開けて全体を研磨すれば台は完成です。
前の歯の幅を後ろの歯よりも少し狭くするとカッコいいとか、いろいろ反省する点はありますが、今回は実用品として完成させられれば良しとします。

2015-07-29 21.35.05

女性用の下駄は希望があったので漆で仕上げます。
写真は#400のサンドペーパーで磨いでから下地用の漆を塗った状態です。
黒漆と弁柄で赤い色をつけた漆を使って塗ろうと思いますが、上塗りができるまでは下地を作るために何度か塗りと研ぎを行います。

2015-07-29 22.16.21

濾紙を使って色のついた漆のホコリやゴミを取って、刷毛で綺麗に塗る。弁柄を漆に混ぜて色を着ける。どちらも初めての経験です。やったことのないことをやるのはいつも楽しみです。だいたい失敗するけど。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 568,655 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2015年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。