//
表示中
Music - 音楽

アコースティックギターの裏側のバインディングを貼り始める


パーフリングが貼れたのでバインディングを貼っていきます。
黒檀のバインディングは折れやすいので事前に加熱して曲げておきます。

26_Acoustic_147

曲げてあるので接着時に押さえるのも楽です。
表ばかりを見ていると側板とバインディングの間に隙間ができていることに気づかないことがあります。見にくいところもしっかり見て確認しながらの作業です。

26_Acoustic_148

バインディング材が足りなくなったので裏側のバインディング貼りは中断。後日続きをやります。
少し時間があったので、表側の余分なバインディングを切って形を決めました。
カッタウェイの部分を綺麗に貼れるとホッとします。

26_Acoustic_149

パーフリングも貝にするのも良いですが、これはこれで大人しい感じで良いかもしれません。
派手な見た目のデザイン(設計)にしたいという気持ちが湧いてきません。

26_Acoustic_150

左右非対称な造形が好きです。
カッタウェイは高い音程を出すときに弾きやすいという意味がありますが、このロゼットの飾りには意味がありません(入れていません)。やりたいようにやったというだけです。

26_Acoustic_151

ギターを作り始めた人がサウンドホールの周りに装飾を施した理由が気になってきました。
仕事柄、構造を考案するのがデザイン(設計)だと思っています。ロゼットは表板の割れを防止するという機能(機能は構造の実装)がありますが、それ以外に構造の設計と関係することがなさそうな気がします。何かやりたくてやったのかな。

製作記録はこちらです。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 590,274 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2015年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。