//
アーカイブ

アーカイブ

クラシックギターのネックとボディを接着する


ネックの成形です。 指板を貼ってから仕上げをしますので大雑把に成形していきます。 ここは主に南京鉋で削ってから小刀で形を出していきます。 この部分は小刀で形を出します。 大雑把に成形できました。 ハメ合いを詰めて接着がで … 続きを読む

アコースティックギター Model Rの側板加工


側板の厚みを落とします。3.5ミリほどの厚みで届いたローズウッド材を鉋で2.7ミリくらいまで削ります。 その後、スクレーパーで2.5ミリ弱に削って終了。 水分を含ませてから加熱して曲げ加工。しばらくこのままモールドの中で … 続きを読む

クラシックギターのボディとネックの接合部の加工


ネックがだいたいできて、ボディと接合されると一気にギターに見えてきます。 いよいよボディとの接合部の加工です。 ここは鋸でなるべく正確に切って、後でボディ側と合わせながら鑿で調整します。 ボディ側の接合部の加工。 両膝で … 続きを読む

クラシックギターのネックの加工


栗材が若干重いので、ネックの軽量化のために檜を埋め込みます。 こういう溝を平らに削れる鉋があるといいんですけど生憎持っていないので鑿でゆっくり削ります。 檜を埋め込んで接着。 掘った部分は何度も定規を当てて平面を確認して … 続きを読む

評価

ブログ統計

  • 766,954 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2015年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031