//
表示中
Smithery - 鍛冶

鍛造用ガス炉〜耐火セメントを流し込む


鍛造用ガス炉に耐火セメントを流し込みました。

使用した耐火セメントは4キログラム。ちょうど良い量でした。

適当な直径の塩ビ管を中に入れて、ペンキ缶の内側に2センチ強の壁を作ります。もう少し厚い方がいいかもしれませんが、ダメだったらまた作ります。

2015-10-02 17.33.48

移動したときにちょっと中心がズレました。気にしない気にしない。

この耐火セメントが耐えられるのは1100度と書いてあります。ガストーチの火力はもっと高温になりますが、セメントが耐えられなくなったらどうなるのでしょうか?焦げてボロボロになるんですかね?

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 568,655 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2015年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。