//
表示中
Music - 音楽

クラシックギターのネックとボディを接着する


ネックの成形です。
指板を貼ってから仕上げをしますので大雑把に成形していきます。

ここは主に南京鉋で削ってから小刀で形を出していきます。

27_Classical_107

この部分は小刀で形を出します。

27_Classical_108

大雑把に成形できました。

27_Classical_109

ハメ合いを詰めて接着ができるところまできました。

27_Classical_110

膠で接着します。
膠の使用法はいろいろなところに書かれていますが自己流です。経験値を頼りにします。

気温が低めのときや接着する面積が大きいときは、若干水の量を増やして膠を薄めにしています。

27_Classical_111

一夜明けて膠が硬化したのでベルトクランプを外しました。
ネックとボディの中心線はぴったり、ネックとボディの表面も平らに、うまくやれたようです。

27_Classical_113

裏側です。塗装するのが楽しみな木目です。

27_Classical_114

次は指板作りです。

少しネックが重いように感じます。指板とブリッジができた時点で重量バランスを整えるためにネックを少し削るかもしれません。

製作記録はこちらです。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 556,102 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2015年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。