//
表示中
Music - 音楽

アコースティックギター Model Rの表板と側板を接着する


表板のブレーシングを軽くするためにかなり削り込みました。側板と接着した後にもしつこく音質の確認をします。

28_Acoustic_049

側板と表板を接着します。

28_Acoustic_050

半日ほど接着剤の硬化を待って製作型(モールド)から取り出して、表板の側板からはみ出した部分を削り取りました。

28_Acoustic_051

この時点でピエゾピックアップ以外の部品をすべて取り付けます。プリアンプ付きのコントローラー以外はサウンドホールから覗き込んでも見えないように配線の固定位置を考慮します。

28_Acoustic_052

このLR BaggsのAnthemというピックアップシステムはスマートに取り付けができますが、コントローラー部分が表板の振動を妨げるだけが欠点でしょうか。このシステムはマーヤモデルで初めて使用しましたが、マイクが低域をあまり拾わない設定になっているためかほとんどハウリングしないことと、ピエゾピックアップが拾った素っ気ない弦の振動とマイクが拾った空気感の両方が出力されて、とても自然なギターの音がアンプから聴こえます。サウンドホールの前にマイクを立てて集音しなくても自然なアコースティック音が聴こえると思います。良いシステムだと思います。サウンドホールの径が10cmならばコントローラーは隙間なく綺麗に取り付けられます。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 593,676 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2015年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。