//
表示中
Music - 音楽, Unrecognized - 未分類

手持ちのギターを調整


製作中の2本のギターが同時に塗装の乾燥待ちになって少し時間ができましたので、懸案だった手持ちのギターの調整をしました。

まずはLes Paul Jr.。

これはナットの出来が悪くて少し弦がビビっていました。ナット溝に軽くヤスリを当てて少し擦っては弦を張って確認。そんな作業を繰り返して問題は解決しました。弦高も少し低くして弾きやすくなりました。調整の終わったギターを久しぶりに3時間くらい弾いて楽しみました。

2015-12-05 16.39.33

Les Paul Jr.とともに漆で仕上げてLes Paul Standard。特別何もしていませんが完成から半年以上経過して艶が増してきました。漆の良さでしょうか。

次はこのLes Paul Standardの調整をしようと思いますが、こちらは思い切って弦高を低くした際に少しナットの弦溝を深くしてしまったので、少し弦高を上げてフレットの擦り合わせをやり直そうと思います。

黒柿の指板と橡の自然な木目が特徴のLes Paul。なかなか同じようなものを作る機会はなさそうです。ピックアップが高出力タイプではなく柔らかい音質で、よく音が伸びるいいギターです。薄めのボディのおかげで軽いのも気に入っています。

2015-12-05 19.05.41

続いてこれです。PRSタイプのボディを持ったエレアコです。これも思い切って弦高を下げてみたところ若干フレットに弦が当たってビビり音が出ます。フレットの擦り合わせをやり直して少し症状が改善しましたが完全ではありません。少しナットの弦溝が深いのが問題です。なんとか弾ける状態なので今回はナットの修正をせずに作業を終わらせました。

2015-12-06 20.05.58

最近手に入れたYAMAHAのギターアンプは大きな音は出ませんが、素直な音が出るのでギターの音質チェックをするのに重宝しています。演奏を楽しむことを追求するなら、あるいは個性のある音を追求するなら他に選択肢もあると思いますが、製作したギターの音を確認するモニターのような使い方をする場合は素直な音が出るアンプの方が向いています。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 582,549 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2015年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。