//
表示中
Unrecognized - 未分類

平成27年大晦日


年々一年が過ぎるのが速くなっているように感じます。加齢の神秘です。もう失業して3か月が経ってしまいました。目処が立ちそうで立たない3か月でした。まあ、なんとかなるでしょう。

大晦日ですのでこの一年のモノづくりを振り返るために、今年完成したものを並べてみます。

ハイス鋼のブレード材を使って作ったインレイ加工に使用する刃物。手で削るのが大変でスロースピードグラインダーが欲しくなりました。

2014-12-21 13.37.14

安来鋼白紙を使った鍛造刃物。初めての鍛造刃物作りでした。上手く出来ていませんが、一回目としてはこんなものでしょう。来年はもう少し鍛冶仕事を増やしたいところです。

2015-02-20 21.56.00

全てを国産木材で作ったLes Paulタイプ。仕上げは漆です。なかなか良いギターになったと思います。

21_LesPaul_195

指板とヘッドの突き板以外を国産木材で作ったLes Paul Jrタイプ。仕上げは漆です。これもなかなか良いギターになったと思います。

2015-06-06 17.02.30

まーやモデル。変な形ですがちゃんと作ってます。

24_Acoustic_284

煙草盆。欅で作り漆で仕上げました。友人が灰皿を作ってくれたので、それに合ったものを作ろうと思いました。これのおかげで喫煙環境が大変良くなりました。

2015-07-13 20.22.35

贈答用のPRSタイプ。漆塗装と装飾に少し時間がかかり過ぎました。ギターとしては良い出来だと思います。

25_PRSCustom22_285

桐下駄。砥の粉と木蝋で仕上げています。

IMG_8937

桐下駄。漆仕上げ。初めて弁柄というものを使ってみました。

IMG_0119

自分用のアコースティックギター。材料を奮発して作りました。

26_Acoustic_275

オリジナルギター Model Rです。製作依頼品です。上の自分用のアコースティックギターが原型ですが、通常より一回り小さく作られています。

28_Acoustic_178

檜と栗の19世紀ギター。初めての漆仕上げの箱物です。悪くないです。

27_Classical_180

こうやって振り返ってみると、漆と国産木材の使用が多いですね。実際にやってみると、調べたり実感したりすることが増えて、それまでピンとこなかったものの輪郭が見えてきます。
まだ漆に関しては素人同然の腕前ですので、これから機会を見つけて少しずつ腕を上げて行こうと思いますが、漆職人になるのではないので、一つの塗装の手段として適切に扱えることを目標とします。
国産材の利用は機会があればどんどんやっていきたいです。
今年はモノづくりの合間に、伝統工芸や郷土文化を見に行く機会があって、刺激の多い一年でした。

今年も多方面の方のお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 577,028 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2015年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。