//
表示中
Music - 音楽, Unrecognized - 未分類

エレキギター3本勝負〜オリジナルモデルのボディに穴掘り


オリジナルモデルの変形ボディで他の2本と同じ手順では作業がやりにくいので。少し違う手順でボディを加工していきます。

ボディの輪郭を切り抜く前に穴掘りをやってしまいまs。

ピックアップホールです。深さは25mm程度。ハムバッカーを取り付けます。31_Feather_008

ネック側はDiMarzio PAF Pro、ブリッジ側はDiMarzio Super Distortionです。ネック側はネックに角度がつくのでボディを斜めに削るために、ブリッジ側よりも穴を少し深くしています。

31_Feather_009

コントロールキャビティーです。後でわかりますが、ボディが特殊な形状なのでこの部分は広さにあまり余裕がありません。小さめのキャビティーです。

31_Feather_010

もう少しで3本のボディが揃いそうです。

Telecasterタイプは角の面取り作業、Les Paulタイプはバインディングの接着と角の面取りの作業が残っています。オリジナルモデルは少し手間がかかるので、まだまだ時間がかかります。

31_Feather_011

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 562,267 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。