//
表示中
モノづくり

手作り感


以前観た有田焼の動画の中で職人さんが、

分業体制でそれぞれの専門家が良い製品を作っているので有田焼は工業である。

手でやるのは機械でやれないことをやるため。

といった趣旨の発言をしていました。

最近、手作りを強調した装飾品や雑貨を販売するサイトが増えてきていて、作りたい人が大勢いることが窺えます。

手作り感という言葉をよく見ます。手作りの温もりなんていう言葉もよく見ます。

そういうものを望む人もいるので、それはそれで良いとは思うのだけれど、モノづくりというのは、それが手でやるか機械でやるかに関わらず、構造や機能を作る行為ですから「結果的に温かい感じがする製品」「結果的に手作り感がある製品」になるだけじゃないでしょうか。

下手なのを味があるとか温もりがあるというのは、買い手がそう思うのは構わないけれど、作り手が言うことでもないし、売り文句にもならないように思います。

手作り感を出さないように作る。これがなかなか難しい。相当に高い技術がないとできない。

ほどほどの値段の実用的な製品(伝統工芸品だって本来はそういうもの)を提供するという職人の仕事では手の速さも要求されます。芸術じゃないから、自分が納得するまでいくら時間をかけても構わないというわけではない。

道具選び、道具作り、素材選び、工法選び、そしてそれらを使いこなす技術。

気が遠くなる。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 537,480 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。