//
表示中
Unrecognized - 未分類

ギター用のヴァイオリンニス


Telecasterタイプの塗装に日本リノキシンさんの製品『Violin Varnish FP』というのを使ってみようと思います。

この製品はシェラック(天然樹脂)にサンダラック(天然樹脂)、ベンゾエ(天然樹脂)、リノキシンG(粘稠液:粘稠は粘り気のあるものという意味)を配合して、目痩せを減らして硬めに調合されたものだということ。ホームページの製品紹介にはシェラックだけの仕上げに比べると光沢と音質が良くなると書かれています。

ギターの塗装はシェラックを使うか漆を使うことがほとんどです。漆を使うとどうしても色が濃くなってしまいクリア仕上げというのが難しいので、クリア仕上げをしたい時はシェラックを使うことにしています。あっさりとシェラックを薄塗りして木の風合いを出すような仕上げをすることもあれば、気が遠くなるほどシェラックを薄く塗り重ねて何度も研ぎを繰り返して光沢のある仕上げをすることもあります。

シェラックは結構目痩せするので、塗りたての時は良いと思っても、乾燥が進むと木目が浮き出してきて、スキっとした塗装面にするのには手間も時間もかかります。同じ効果なら手間がかからない方法を選択して、なるべく安価に良いものを提供するためにはViolin Varnish FPのようなものを使用する意味があると思っています。

30_Telecaster_021

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 576,920 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。