//
表示中
モノづくり, History & Culture - 歴史・文化, Music - 音楽, Woodworking - 木工

ギター納品旅行記〜奈良


アコースティックModel Rの納品のために奈良へ行ってきました。ちょうど奈良に旅行がしたかったのちょうどいいタイミングでした。

前回と前々回は自動車で、その前には自転車で行きました。今回は最も楽で速い新幹線を使った電車の旅。

1月15日は早起きして少し早めに家を出て地元駅で軽く朝ご飯。

2016-01-15 07.26.33

小田原まで東海道線で行き、そこから新幹線です。

2016-01-15 09.43.41

車中でネットサーフィンをしていて、せっかくの快晴の富士山も見ずに、あっという間に京都に到着。ここで在来線の快速電車に乗り換えて奈良へ。新幹線も快速も空いていて快適でした。

2016-01-15 12.17.21

JR奈良駅の改札を出ると木がたくさん。どういう施行がしてあるのか、どんな木材をどう加工しているかを見ながら、Model Rの持ち主になるRさんと待ち合わせをしている近鉄奈良駅まで歩きます。

2016-01-15 13.21.08

待ち合わせ場所にはすでにRが到着していました。お腹が空いていたのでギターをお渡しする前にお昼を食べにきました。

ロースカツ定食。カツの大きさを普通か大を選べるようになっていたので大の方を注文しました。東西で食の文化に違いがありますが、味噌汁の味噌が少し甘く薄味なのが違うくらいで、トンカツに関しては東西の差はないように思います。

2016-01-15 14.01.30

ギターの受け渡し場所には、多少の説明もあるし弾きながら話をしようということでカラオケボックスを選びました。

体格に合わせて小さめに作ったギターです。ギターを抱えた姿もいい感じでしたし、細めのネックと低めの弦高が弾きやすいとのこと。柔らかめの音色ですが、高音域はキラっとした音が出ています。

2016-01-15 16.21.34

ボディのくびれが大きめなので膝に乗せるとギターの位置が少し低くなって右腕が楽です。表板の面積が小さくなるので、少し板厚を薄めにして、ライニングの接着面積を少し小さくして、表板の振動を稼ぐ方向で設計しています。小さい手に合わせて弦長を短く(620mmに)して弦の張りを少し弱め、コードを押さえやすくしています。若干音量が小さめですが不満なほどではありません。

2016-01-15 14.50.34

市販のギターでも専門家に相談して調整してもらうとグーンと弾きやすくなりますので、初心者の方やギターに再挑戦する方などは相談してみると良いと思います。上達すればギターを弾くのが楽しくなります。一生モノのギターですから、自分に合ったものを手に入れて楽しくギターに接することができる人が増えたらいいなと思います。

お土産に梅干しとチョコレートと毛糸の帽子をいただきました。ありがとうございました。

納品を終え近くのビジネスホテルにチェックイン。荷物はとても少ないです。小さな革の鞄一つです。近所に買い物に行ったみたい。

2016-01-15 18.39.14

初日に晩ご飯はホテル近くの中華料理店の定食を食べてビールを一杯飲みました。

2016-01-15 19.38.36

二日目は奈良市内の見物。土産物屋さんを覗いては一刀彫り、墨、筆などの奈良の特産品を見て回りながら、幾つかの施設に行きました。

これは奈良市立史料保存館。入館料は無料で一部の展示品以外は写真撮影も可能。

2016-01-16 09.49.12

古い地図を見て現在の街並みと比較したり、古い絵を見て奈良の人々の暮らしを想像するのが楽しいです。

2016-01-16 09.42.34

学校で習う歴史は、弥生時代以降になると統治者側のことばかりですが、一般の人々の生活の積み重ねが現代の我々の社会を作った重要の要素です。奈良や京都などの都が合った土地に行くと、どうしても神社、仏閣、史跡ばかりを見て回りがちですが、最近は努めて庶民の暮らしを想像できるような史料を見るようにしています。

2016-01-16 09.42.22

次に行ったのが奈良町からくりおもちゃ館。古い民家を改造して昔のおもちゃを多数展示しています。

2016-01-16 09.52.32

これは知恵の輪。簡単な作りのものですが、こういうものが家の中に転がっていたら面白いと思いました。

2016-01-16 10.05.54

2016-01-16 10.05.51

こちらは音が出る動きのあるおもちゃ。からくりが目に見えるようなおもちゃって面白いと思います。こういうものをささっと作ってくれるお父さんがいたらいいなと思います。

2016-01-16 10.08.09

2016-01-16 10.09.10

次はなら工藝館。こちらは伝統工芸品がたくさん展示されています。

2016-01-16 10.17.36

木の木目をうまく使って彫られたもの。透し楽彫りというものだそうです。ギターの装飾に利用できそうな彫りです。

2016-01-16 10.19.49

薄板を組んで作られた皿。これも装飾に使えそうな作りです。2016-01-16 10.27.51

筆と墨。墨が日本に伝わったのは聖徳太子や推古天皇の時代だそうですが、その時代から続く奈良の伝統工芸です。

2016-01-16 10.29.57

職人さんの道具。刺激的ですねー。たまりません。2016-01-16 10.28.39

2日目の昼ご飯は親子丼と天ぷらそば。一品だと少ないけど二品だと少し多い。そんな腹の大きさです。

2016-01-16 11.39.27

ホテルに戻って少し昼寝をしてから、晩ご飯を食べに出かけました。歩きなのでホテルの近所で済ませます。

2016-01-16 19.29.07

ビールのつまみを少し食べて・・・2016-01-16 19.39.23

おにぎりを食べて・・・2016-01-16 19.44.17

最後に鍋で〆ました。食べ過ぎ?

最終日の三日目は電車で移動。

まずは薬師寺に行きました。

2016-01-17 10.31.43

緩やかな傾斜のある回廊。建物全体のバランスと個々の構成部品を見て、加工法や設計法を考える。木工をやっている人はそんな見方をする人も多いと思います。江戸指物なども堅牢な構造にもかかわらず華奢に見えるように加工していますが、寸法通りとか直線で構成するとか、そういうことで表現できないところを見て、作り手の感性や価値観を想像したり、自分ならどうするかを考えたり。面白いです。

2016-01-17 10.26.36

次に向かったのは橿原神宮。神武天皇が即位した地です。

2016-01-17 11.37.43

広い敷地に建てられた立派な神宮です。

2016-01-17 11.48.44

創建が比較的新しいので綺麗に神宮です。神武天皇の一代記絵巻が展示されていて、国の発祥を知ることができます。子供の頃は日本神話の絵本が好きでよく見ていましたが、絵巻を見ると懐かしい気持ちになります。

この日の昼ご飯はカツ丼。あまり奈良らしくないものばかりと食べているような気がしますが、味は関東と違うので「奈良だなー」という気分になります。

2016-01-17 12.27.02

この後、しばらく近くのカフェでのんびりしてから一旦奈良に戻りJR線で京都へ。新幹線の改札の中に入って早めの晩ご飯。

やはり奈良に旅行に来た感じじゃない。カツばっかり。

2016-01-17 19.19.19

20時53分の新幹線で小田原まで行き、そこから東海道線で地元駅まで。駅を降りた時は雨でしたが、旅行中ずっと好天に恵まれて良い旅ができました。

2016-01-17 20.51.30

楽しかった。

 

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 535,605 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。