//
表示中
Music - 音楽, Unrecognized - 未分類

エレキギター3本勝負〜Les Paulのネックはもう一息


Les Paulタイプのネックがあと一息でできます。アイチ木材さんから仕入れたホンジュラスマホガニーのヘの字型のネック材ですが、ネックの握りの部分を薄く切るのが少し大変です。アコースティックギターを作る時は、20ミリほどの厚みのホンジュラスマホガニーの板材をスカーフジョイントして使うことが多いですが、手道具でやる場合は、その方法の方がネックの加工は速くやれます。

29_LesPaul Goldtop_057

オリジナルモデルの方ですが、トラスロッドの調整ナットが来る部分に突き板と同じウォルナット材で蓋をしました。しっかり接着できたらはみ出したところを削ります。

31_Feather_064

この季節、寒くてなかなか漆が乾きません。室に入れて加湿加熱して乾かすこともできますが、ギターですのであまり湿度を加えたくありませんのでゆっくり室温で乾燥させます。
ウォルナットを薄く漆で仕上げると綺麗です。初めてギターに漆を使ったのはPRSタイプのフレットレスギターでしたが、その時もウォルナットの漆仕上げが綺麗だと思いました。

31_Feather_065

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 535,605 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。