//
表示中
Bicycle - 自転車, Music - 音楽, Smithery - 鍛冶, Woodworking - 木工

作業の小休止


昨日は午前中に近所のホームセンターに整理棚を買いに行き、帰宅後に棚の組み立てをし、不要なものを捨て、掃き掃除拭き掃除を行うという大掃除をしました。ギター製作を4年も続けていると、道具も治具も資材も材料もゴミも増えてきますから、時々整理をしないと大変なことになります。

この180センチx90センチの作業机が全面使えるように、買ってきた棚に道具や資材を移動してスッキリしました。これまで実質的に半分の面積しか使えない状態でしたので、今日からは快適に作業ができると思います。これくらいの広さが常時使用できると2本同時に作業することが可能です。

2016-02-02 07.36.45.jpg

現在の製作環境は工房と呼べるほど立派なものではなく、自宅の一室の片隅に作業机を設置しただけのものです。この狭い作業場所に道具などの整理棚(高さ180センチ幅90センチ)が2本、材料の整理棚(高さ150センチ幅180センチ)が1本、漆を乾燥させるための長持ち(高さ80センチ幅150センチほど)が1本、本棚が2本、ボール盤を置いた作業台と折りたたみ式の作業台がそれぞれ1本が置いてあります。これだけで部屋の半分を占拠していて、残りの空間には自転車が2台、コンピューターが3台、ギターラック(6本立ての自作のもの)1本とギタースタンド3本、衣装箪笥が1棹(さお)、扇風機、暖房機が置かれていて、壁にも何本かのギターが架かっています。

そろそろ引っ越しをして、もう少し広い作業空間を手に入れたいです。

手道具はまだまだ増えます。丸鋸を取り付けた作業台(テーブルソー)やルーターテーブル、少し大きな木工旋盤、少し大きなボール盤、グラインダーなどを常時使える状態にして置きたい。コンプレッサーとスプレーガンを使える部屋や漆塗装をする部屋も欲しい。主として使う作業台は四方から手を出せるように部屋の真ん中に置きたい。ギターより大きなもの、例えば家具や自転車などを作るなら、長ものを扱える広さも欲しい。さらに鍛冶や鉄工ができる場所も欲しい。音や煙を出しても近所迷惑にならない場所ということになると田舎に引っ越すしかないです。

 

 

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 576,920 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。