//
表示中
Music - 音楽

エレキギター3本勝負〜フレット打ち


3本まとめてフレット打ちをしました。

フレットワイヤーは事前に指板のRより少しキツく曲げておきます。フレットを曲げるための専用の道具も販売されていますが、フレットの舌がハマる溝を切って湾曲した面を作った木片に当てて曲げています。フレットワイヤーの曲がり具合はキツ過ぎてもユル過ぎても打ちにくいので、適度な曲がり具合を経験から学びます。

Telecasterタイプ。 フレットワイヤーの両端を指板に埋まる方が狭くなるように鑢で斜めに削っておきます。フレット打ちが終わって両端のはみ出した部分を削り取ったあとに、フレット溝が指板側面から見えなくなるように木の粉で埋めますが、フレットを少し斜めに削っておくと仕上がりが綺麗です。

  
Les Paulタイプ。この後のオリジナルモデルの指板とこの指板は指板の両側にバインディングが貼ってあるので、フレットの両端をバインディングを避けるように削っておきます。

 
この作業専用の道具もありますが、僕はいつとこの3つを使っています。ラジオペンチはフレットを咥えられるように改造してあります。

   

フレット打ちが終わったら、鑢で指板からはみ出した部分を削り取ります。

フレットの擦り合わせはネックに接着してから行うので、フレット両端を手が引っかからないように丸める処理はこの段階では行いません。

Les Paulタイプの指板をネックに接着。ここは膠を使うことが多いです。ボンドを使う場合は、ボンドを厚塗りしたりクランプする力が弱かったりすると指板とネックの密着が悪くなるので注意が必要です。

 
Les Paulタイプの指板の接着が終わりました。指板の形に合わせてネックを成形しておきます。

  

続いてオリジナルモデルの指板を接着。

接着後にネックの成形をしっかりやって、TelecasterタイプとLes Paulタイプのヘッドにマークを入れたらLes Paulタイプのネックのボディを接着して塗装工程に移ります。

  

 

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 577,028 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。