//
表示中
モノづくり, Computer - コンピューター, Electronics - 電子工作, Woodworking - 木工

液晶ディスプレイを作り始める


 液晶とコントローラーがAbuseMarkさんから届きました。動作確認済みのもので送料込みで12000円でした。

この液晶はiPadの修理部品としてAmazonなどからも購入することができます。これを書いている時点では5000円くらい。コントローラーはAbuseMarkさんの製品なので同社のホームページから購入することになります。3500円の値段がついています。

 

ディスプレイケーブルを持っていなかったので近所の家電量販店に買いに行きました。ディスプレイケーブルはDisplay Port(ディスプレイ側)とMini Display Port(Mac側)の変換ケーブル。Mini Display Port側はThumderbolt対応のものです。給電用のUSB ケーブルと合わせて購入しましたが間違ってMicro USBコネクターの物を購入してしまいました。ミニBコネクターのものが正解です。

 

 家に戻って動作確認。問題ありません。

この画面の大きさで2048 × 1536という解像度の安価なディスプレイというのはなかなかないのではないでしょうか。Retina液晶は綺麗です。

 

早速筐体作り。

フロントパネルとバックパネルは2ミリ厚のアルミ板です。

こちらはバックパネル。コントローラーの背面に穴を開けてあります。

  

 こちらはフロントパネル。

パネルの大きさ233 × 183です。 iPadくらいの大きさでしょうか。

 

アルミって磨くのが大変なんですよねー。

  

アルミのパネルの間には木枠を挟みます。栗を使いました。木枠は事前にボンドで接着して組み、フロントパネルとは2液式のエポキシ接着剤で接着しました。

木枠の厚みは12ミリです。
  

木片をコントローラーのストッパーにしました。両面テープで貼ってあるだけなので、もし動くようならビスで固定します。

基盤から出て部品の脚が少し長かったのでヤスリで削っています。そうしないと木枠の厚みをもう少し増やさないとコントローラーが収まりません。
 

バックパネルにはスポンジを貼り液晶を押さえるようにしています。

液晶にはネジで固定するための穴の開いた耳が4つありましたが、全て削りとりました。枠をピッタリに作ったので、液晶は枠の中に落とし込んだだけです。

 

ケーブルが挿さる部分は少し奥まっているので切り欠きを入れました。

バックパネルは数カ所ビス留め。

  
 

これで一応の完成。

アルミのパネルは時間があるときに磨きます。木部は汚れ止めの塗装が必要です。

スタンドがないので自立できません。スタンドを取り付けるか別体のスタンドを用意しなければなりません。

  

液晶とコントローラーは注文した2日後に届きました。筐体の製作に1日かかりました。材料はすべて家にあったものを使いました。

iPadくらいの大きさなので、MacBook Proと一緒に持ち歩くこともできますし、自宅のサーバーの設定をするときにも使えます。高精細なRetina液晶の小型ディスプレイ。なかなか良いものです。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 544,800 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。