//
表示中
モノづくり, Computer - コンピューター, Electronics - 電子工作, Music - 音楽

ArduinoとGPSレシーバーを接続して測位を行う


Konashi(Bluetooth LEモジュール)の問題無く使えるのを確認したので、それ以外の確認作業にかかります。

まずはそのための準備。各モジュールをブレッドボードに挿せるようにピンヘッダをハンダ付けします。

IMG_2017

2.54mm間隔のピンなのでそれほど困難な作業ではありませんが、綺麗にハンダ付けするのは難しいです。なんとかやれたかなというところです。

IMG_2018

今回はGPS受信機の動作確認をします。使用した受信機は秋月電子さんから購入したGYSFDMAXBというGPSモジュールを使ったものでArduinoとはシリアル接続でデータのやり取りを行います。ArduinoとGPS受信機の接続は添付の説明書に書かれている通りにしました。1PPSの接続は今回はやっていません。

GPS_to_Arduino

ブレッドボードを使って組んだ回路です。今回はArudino側はソフトウェアシリアル機能を使うことにしたので、シリアルの送受信線はArudinoのデジタルピン(#10と#11)に接続しています。なぜソフトウエアシリアルを使うかというと、KonashiとAruduinoをシリアル接続する予定なので、1つずつしかないシリアルの送受信ピンを開けておきたいからです。

IMG_2020

これがGPS受信機から受け取ったデータをArudino IDEのシリアルコンソールに表示するスケッチ。

GPS_Test_Sketch

こんなデータがGPSモジュールから送られてきます。

GPS_Serial_Receive

このGPSモジュールはNMEA0183という形式のデータを返してきます。NMEA0183のデータ形式の解説はここなどに載っています。

例えば、$GPGGAという行から時刻、緯度、経度、捕捉した衛星の数、測位精度など読み取ることができますので、その行のカンマ区切りのデータを個別に取り出して利用すれば良いことになります。

今日は生憎の雨で空が見える場所で試験ができません。GPSは一つも衛星を捕捉できておらず測位はできていません。晴れた日に外に出て試験をしようと思います。

 

ギターの方は地味に塗り重ねをしています。Telecasterのネックはそろそろ上塗り〜仕上げにかかれそうです。

IMG_2023

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 562,264 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。