//
表示中
モノづくり, Computer - コンピューター, Electronics - 電子工作

漆風呂用の温湿度モニターの運用版基板を作る


 電源はDCアダプターから取ることにして、3.3Vを出す電源回路を作りました。低損失3端子レギュレータを使っています。

 

これが実験用のプロトタイプ。FT234Xを使ってArduino IDEからファームウェアを書き込める開発用の回路に載っています。
  

電源部分を上の回路に置き換えて、プロトタイプと等価な回路をユニバーサル基板で作りました。
  

ESP-WROOM-02とDHT11を載せて動作確認を行う。

  
センサー部分を漆風呂の中に設置して、基板は何かのケースに入れて漆風呂の外に設置すれば本番稼動です。ケースを見つけないといけません。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 554,574 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。