//
表示中
モノづくり, Bicycle - 自転車, Computer - コンピューター, Electronics - 電子工作

明るさを得て絵を動かしてみる


気温・湿度・気圧・傾きと来て、今度は明るさです。

照度センサー(Cds)を10KΩ抵抗を挟んでmbedのアナログ入力ピンに接続。

2016-04-26 13.50.31

プログラムでは、

AnalogIn cds(dp4);
...
...
float illuminance = cds;

として値を得ています。

気温・湿度・気圧、傾き(X軸、Y軸、Z軸)に加えてこの値をiPhoneで受け取って、昼、夕方、夜みたいに閾値を設定して絵を切り替えて表示します。

明るい白色光を当てた時。

2016-04-26 17.31.11

通常の室内の照明(夕方に試験実施)

2016-04-26 17.31.27

照度センサーを手で覆って暗くした状態。

2016-04-26 17.31.40

mbedをリセットして計測を開始した直後にMPU-6050から取得した計測値が少し暴れるので、ロジックの見直しが必要です。

マイコンにセンサーを接続して値を得ることはとても簡単にやれますが、物理量をセンシングして、人間の役に立つように視覚化するのって結構難しいですね。調整が必要な部分がたくさんあります。

明るさの上はLCDのバックライトやヘッドライトの調光をする際に利用されることになります。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 546,096 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。