//
表示中
モノづくり, Computer - コンピューター, Electronics - 電子工作

BlackfinというDSP基板


先日仕上げ部品をハンダ付けしたMAX10が動かせていません。ハンダ付けはできていると思っていますが怪しい。書籍を読むと、SDRAMをハンダ付けする前に、書き込み基板と接続して、書き込み基板のPICマイコンにファームウェアを書いて、その後にSDRAMをハンダ付けせよと書いてあります。それを読まずにSDRAMをハンダ付けしてしまったのでダメなのかな。

動かないことにはどうしようもないので、MAX10基板と書き込み基板の部品実装済みのものを発注して、それが届いてから、どこに問題があるかを確認しようと思っていますが、部品実装済みのものにはSDRAMがハンダ付けされているので、もし書籍の手順でなければいけないのなら、部品実装済みのものを使ってもダメなはず。もし問題がないなら、部品の取り付けに問題があるか、書籍の記述が曖昧だということになります。たぶん僕が悪いと思うけど。余計な出費になってしまいました。

まあ、悩んでいてもダメなものはダメなので、さっさと原因を突き止めてしまいます。

こんなものも手に入れました。

BlackfinというDSP。これも書籍の付録で、手軽にDSPプログラミングを体験できるもの。サンプルプログラムを書き込んで、ギターエフェクターにして遊べるようになっているようです。読み物としても面白いです。


そんなに手軽な感じがしないのは、プログラムを書き込むツールはOSX版が付属しているものの、プログラムをビルドするツールチェーンがWindows版しか付属していないので、クロスコンパイル環境とツールチェーンをソースからビルドしてインストールしなければならないから。失敗なしで終われば大したことではないかもしれませんが、gccは入ったものの、gdbのリンクエラーで躓いてこの日は中断。エラーの意味がわかっても、なかなか良い解決方法が見つかりません。作業は明日以降に持ち越しです。

iOSアプリの開発をしないなら、ソフトウェア開発はLinuxの方がいいかも。余裕ができたらLinuxを動かすノートPCを手に入れたいな。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 562,221 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。