//
表示中
Music - 音楽

エレキギター3本勝負〜Les Paulのトップの塗装準備


ボディのトップ以外は仕上がり一歩手前まで来たので、そろそろトップの塗装に入ろうと思います。
一旦、マスキングを剥がして、指板とバインディングのみマスキングをやり直します。

写真は市販の替刃式カッターナイフでボディに貼り付けたマスキングテープをバインディングの形に沿って切り取っているところです。

このカッターの刃は柔らかい刃なので、砥石で撫でるように研ぐと切れ味が復活します。切れ味が悪いとマスキングテープを切るときに引っかかってやりにくいのですが、時々、軽く研いで作業をする方が、刃を交換するより効率が良いです。軽く線をなぞるだけで、綺麗にマスキングテープが切れてくれるのは気持ちがいいです。


マスキングが完了。


トップには生漆を擦り込みました。


数回漆を擦り込んだら軽く研いでから、漆を塗ってその上に金粉(パール粉を金色に処理したもの)を蒔きます。この時の漆は金粉の接着剤の役割をします。

金粉をなるべく均等に蒔くために、目の細かな篩のようなものを作ろうと思います。粉筒を大きくしたようなものです。

蒔いた金粉が漆でしっかり固着したら、その上に透漆を塗って研ぎ出して塗装面を滑らかにし、最後にギター全体的に拭き漆をして仕上げて行きます。

アーチドトップですので、研ぎ出すのは難しいです。慎重にやらないと金粉の層を剥がしてしまいます。

綺麗なゴールドトップになるといいなぁ。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 535,605 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。