//
表示中
Music - 音楽

エレキギター3本勝負〜金粉の蒔き直し


早く仕上げたいところですが、そうは問屋が卸しません。そんな漆仕上げ。

オリジナルモデルはマスキングをやり直してから淡々と塗り重ねます。

Les Paulタイプもマスキングのやり直し。


二階がギター工房、一回がコンピューターの仕事と仕事場を分けましたが、なかなか上手くいきません。お客さんの都合もあるので、あっちをやったりこっちをやったりになります。


トップは研磨をしてほとんど金粉の層を剥がして塗り直しです。

この時点ではわずかに刷毛筋が残っていますが、少し置いておくと刷毛筋が目立たなくなります。


漆の乾き始めを狙って金粉を蒔きます。

筆で金粉を満遍なく落としてから、払うようにして均一に金粉を置いて行きます。


最後は真綿で軽く撫でるようにして表面を馴らします。金粉が完全に丸い粒子ではないので、粉の向きを揃えるために一定の方向に真綿で軽く撫でます。

この時点での金粉の層の均一さが仕上がりを左右します。


工房には4つの作業台がありますが、いろいろな作業を並行してやる場合は、これくらいがちょうどいいかもしれません。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

手仕事日記

評価

ブログ統計

  • 526,808 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。