//
表示中
モノづくり, Computer - コンピューター, Electronics - 電子工作, Music - 音楽, Woodworking - 木工

漆風呂の温湿度監視計をヒノキの箱に収める


動作試験をしばらくやっていた温湿度監視計です。ヒノキの箱を作り収めます。

電源回路は安価なモジュールを購入してそのまま使用。ブレッドボードで配線してそのまま箱に収めます。かなり手抜きな感じがしますが実用的であればよし!

ガタつかないようにピッタリに作りました。


センサーの配線はシリコンチューブに通して接続。蓋をして出来上がり。


漆風呂に穴を開けてセンサーを中に入れれば運用できます。

こんな感じにクラウドサービスで稼働しているアプリケーションにスマートフォンからアクセスして監視します。DIYのIoTです。

以前にも書きましたが、ESP-WROOM-02に温湿度センサーを接続し、温度と湿度を定期的に計測したらMQTT経由でクラウドサービスで稼働するアプリケーションに送信します。クラウドサービスで稼働するアプリケーションは一定期間データベースに温湿度データを記録し、温湿度の変化と直近の値をグラフ表示します。
次は工房のエアコンと自動制御です。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 561,932 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。