//
表示中
Music - 音楽

オリジナルモデルのボディ加工(ホロー部を彫る)


ドラムサンダーを導入したおかげで比較的短時間でトップとバックでボディの輪郭が揃いました。輪郭の仕上げはもう少し後でやるとして、バックのホロー部分を彫っていきます。

ボール盤やハンドドリルで深さ30ミリ弱(ドリルの刃の先端で30ミリ)の穴をたくさん開けておきます。


鑿で地道に底をさらうようにして彫ります。写真は粗彫りした状態。ここから5ミリほど深く彫ります。

暗くなってきたので、音の出る作業ここで一旦終了です。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

手仕事日記

評価

ブログ統計

  • 526,407 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。