//
表示中
Music - 音楽

本日の昼の部の作業〜オリジナルモデルのトップのアーチを削る


工房に埃が舞っていないうちに、いつものように漆塗装の続きをやってしまいます。

相変わらず漆の乾きが悪いLes Paulタイプ。乾いていない漆を拭き取ってから漆を塗りました。


オリジナルの軽量モデルは全体を軽く研いでから拭き漆。ツルツルではありますが、まだ色合いと深みが望む状態ではありません。

漆の作業が終わったところで、新作のオリジナルモデルのアーチドトップを削る作業にかかります。

このギターはネックの仕込み角を3.5度にします。アーチを削る前にネックが接合される部分に3.5度の傾斜をつけます。


角度を確認。ここが少しでも狂うとブリッジの高さが変わってしまいます。


アーチを削ります。

バイオリン製作者は鑿で削ることが多いようですが、僕はほぼ鉋だけでやります。小さめで刃の曲率の小さなもので粗削りして、少しずつ曲率の大きな鉋に持ち替えて形を整えていきます。


だいたい格好がつきましたが、もう少し起伏の大きなアーチの方が好みです。たぶんあと1日使って仕上げることになると思います。


買ったばかりのランダムサンダーを使ってみました。みるみるうちに削れていきます。買って良かった。

kazz12211 について

Working as a OO programmer and enjoying music, bicycle and photography.

ディスカッション

コメントはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

評価

ブログ統計

  • 554,574 ヒット

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2016年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。